kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

要素を削除する

  要素を削除します。

  削除されるのは、要素のタグだけです。
  要素内のコンテンツは削除されません。

  1.要素の指定

    削除したい要素の開始タグや終了タグにカーソルを設定します。
    削除したい要素のコンテンツにカーソルを設定しても良いです。


  2.要素の削除

    「編集」メニューを開き「Zen Coding」を選択し、「Remove tag」をクリックします。
    「Ctrl + Alt + R」キーを押しても良いです。


  3.要素の削除完了

    以下のように、指定された要素が削除されます。


要素を空要素に変換する

  開始タグと終了タグで記述されている要素を、空要素に変換します。
  空要素に変換するため、要素内のコンテンツは全て削除されます。

  1.要素の指定

    空要素に変換したい要素の開始タグや終了タグにカーソルを設定します。
    空要素に変換したい要素のコンテンツにカーソルを設定しても良いです。


  2.空要素に変換

    「編集」メニューを開き「Zen Coding」を選択し、「Split or join tag」をクリックします。
    「Ctrl + Alt + J」キーを押しても良いです。


  3.変換完了

    以下のように、指定された要素が空要素に変換されます。


空要素をタグで囲まれた要素に変換する

  空要素をタグで囲まれた要素に変換します。

  1.空要素の指定

    タグで囲まれた要素に変換したい空要素にカーソルを設定します。


  2.変換

    「編集」メニューを開き「Zen Coding」を選択し、「Split or join tag」をクリックします。
    「Ctrl + Alt + J」キーを押しても良いです。


  3.変換完了

    以下のように、指定された空要素が、タグで囲まれた要素に変換されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション