kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

文字列の挿入と削除

  「Insert / Delete」のタブをクリックすると、ファイルやフォルダー名に文字列を挿入したり、削除することができます。


  変換作業の全体の流れは、「ファイルやフォルダーの名称を一括変換する」を参考にしてください。

任意の位置に文字列を挿入する

  任意の位置に文字列を挿入します。

  1.変換方法の選択

    「Insert」を選択します。


  2.文字列の入力

    挿入する文字列を入力します。


  3.挿入位置の指定

    「at position」に文字列の挿入位置を指定します。
    「0」を指定すると、先頭に文字列を挿入します。


    単位は文字数です。
    例えば「2」を指定すると、2文字目の後ろに文字列を挿入します。

  4.プレビュー

    以下のように、指定された位置に文字列が挿入されます。


任意の範囲の文字列を削除する

  任意の範囲の文字列を削除します。

  1.変換方法の選択

    「Delete between」を選択します。


  2.削除開始位置の指定

     削除開始位置を指定します。
    「0」を指定すると、先頭を指定したことになります。


    単位は文字数です。
    例えば「2」を指定すると、2文字目の後ろから文字列を削除します。

  3.削除終了位置の指定

     削除終了位置を指定します。


    単位は文字数です。
    例えば「4」を指定すると、4文字目の後ろまでの文字列を削除します。

    例えば上記の画像の場合、1文字目の後ろから2文字目の後ろの間にある文字列を削除します。
    従って削除される文字列の文字数は、1文字になります。(削除終了位置 - 削除開始位置)

    注意

      削除終了位置に指定する数値は、削除開始位置より大きな数値を指定してください。

  4.プレビュー

    以下のように、指定された位置にある文字列が削除されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション