kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 15.04へアップグレード

  Ubuntu 14.10を利用している人は、Ubuntu 15.04へアップグレードすることができます。


  アップグレード通知

    ログイン時に、以下のようにアップグレード通知が表示されます。
    アップグレードする場合は、「今すぐアップグレードする」ボタンをクリックします。


  ソフトウェアの更新による通知

    「ソフトウェアの更新」からも、以下のようにアップグレードの通知が表示されます。
    アップグレードする場合は、「アップグレード」ボタンをクリックします。


  アップグレードの通知が表示されない人は

    上記の通知が表示されない人は、「ソフトウェアソース」を開いて「Ubuntuの新バージョンの通知」が「すべての新バージョン」になっているか確認してください。


    また「ソフトウェアの更新」で、パッケージのアップデートがある場合すべてアップデートを行い、他にアップデートがない状態にしてください。
 

  リリースノート

    アップグレードを開始すると、以下のようにリリースノートが表示されます。


    「アップグレード」ボタンをクリックし、画面に表示される案内に従って操作してください。

アップグレードの注意事項や操作方法について

  アップグレードの方法や注意事項です。


  アップグレードの方法や注意事項は、Ubuntu 12.04からUbuntu 12.10へのアップグレードと同じです。
  以下を参考にしてください。


  ただしUbuntu 15.04へ直接アップグレードできるのは、Ubuntu 14.10のみです。

  他のバージョンからUbuntu 15.04へアップグレードしたい場合は、一旦Ubuntu 14.10にアップグレード後、Ubuntu 15.04へアップグレードする必要があります。

Ubuntu 15.04の変更点やアップグレードした感想

  Ubuntu 15.04の変更点やアップグレードした感想です。


  見た目や操作性については、ほぼ同じです。
  「LibreOffice」等、バージョンアップされたソフトウェアがありますが、「Nautilus」も「gedit」もUbuntu 14.10の時と操作性は変わりません。


  また、現状ハードウェアのトラブル等は起きていません。
  無線LANやサウンドカード、GPUも問題なく動作しています。

  日本語入力

    日本語入力も特に問題ありません。


    Ubuntu 15.04では、Fcitxも「テキスト入力」からインプットメソッドの設定が行えるようになりました。


  Upstartからsystemdへの移行

    Ubuntu 15.04では、Upstartからsystemdへの移行が行われており、サービス(デーモン)の管理方法が変更されています。

    この移行により、一般的なデスクトップユーザーが気にしなければならない内容はありません。

    もしサービスの操作を行う必要がある場合は、以下のヘルプを参考にしてください。


  RadeonのプロプライエタリードライバーとWineが共存できない問題が解決した

    Ubuntu 14.10で発生していた「RadeonのプロプライエタリードライバーとWineが共存できない問題」が解消されました。


  Intel CPUのマイクロコードを更新するソフトウェアが追加された

    「ソフトウェアとアップグレード」の「追加のドライバー」に、Intel CPUのマイクロコードを更新するソフトウェアが追加されました。


    これはIntel CPUのマイクロコードを更新し、CPUの不具合に対応するソフトウェアですが、この更新は恒久的な更新ではなく、Ubuntu起動時に毎回マイクロコードの更新を行います。

    もともと「intel-microcode」パッケージは以前のUbuntuにも存在していたパッケージでしたが、Ubuntu 15.04で「追加のドライバー」に表示されるようになりました。

    Intelが提供するソフトウェアを含んでいるため、プロプライエタリになっています。

  Ubuntu 14.10からアップグレードする時期

    Ubuntu 14.10からアップグレードする時期は、Ubuntu 15.04日本語Remixがリリスーされた後がよいでしょう。

    急いでアップグレードする必要はなく、トラブルなどの情報を調べてからアップグレードを検討してみてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション