kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

VMware Player 7.1.0のモジュールがUbuntu 15.04でビルドできない問題と対応

  Ubuntu 15.04にインストールしたVMware Player 7.1.0のモジュールが、ビルドできない問題があります。
  これは仮想マシンにインストールしたUbuntu 15.04の話ではなく、ホスト側の話です。

  Ubuntu 15.04では、「Virtual Network Device」モジュールのビルドに失敗します。


  ここではモジュールのソースコードにパッチを充てて、モジュールをビルドできるようにします。

  1.パッチのダウンロード

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

curl http://pastie.org/pastes/9934018/download -o /tmp/vmnet-3.19.patch


  2.カレントディレクトリーの変更

     以下のコマンドを実行し、カレントディレクトリーをソースコードのアーカイブがあるフォルダーに変更します。

cd /usr/lib/vmware/modules/source


  3.ソースコードの展開

    以下のコマンドを実行し、ソースコードのアーカイブを展開します。

sudo tar -xf vmnet.tar


  4.パッチの適用

    以下のコマンドを実行し、ソースコードに「1.」のパッチを適用します。

sudo patch -p0 -i /tmp/vmnet-3.19.patch


  5.ソースコードをアーカイブにする

    以下のコマンドを実行し、ソースコードをアーカイブにします。

sudo tar -cf vmnet.tar vmnet-only


  6.不要なファイルの削除

    「3.」で展開したソースコードは不要なので、以下のコマンドを実行し、それらのソースコードを削除します。

rm -r *-only


  7.VMware Playerの起動

    「VMware Player」を起動すると、以下のようにモジュールのビルドが始まります。


    モジュールのビルドが完了すれば、「VMware Player」のメイン画面が表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション