kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

3.インタラクティブモードで、ステージングエリアのファイルを、HEADのファイルに戻す

  インタラクティブモードで、「ステージングエリア」のファイルを「HEAD」のファイルに戻します。

  複数の「ステージングエリア」のファイルをまとめて「HEAD」のファイルに戻すこともできます。

  3-1.コマンドの実行

    「3」もしくは「r」キーを入力して「エンター」キーを押し、「revert」コマンドを実行します。


  3-2.ファイルの一覧表示

    以下のように、元に戻せるファイルの一覧が表示されます。


  3-3.ファイルの選択

    元に戻すファイルを選択します。
    ファイルの選択方法は「ファイルの選択方法」を参考にしてください。

    選択されたファイルには、一番左に「*」マークが表示されます。


  3-4.ファイルを元に戻す

    ファイルを選択したら、「Revert>>」に何も入力せず「エンター」キーを押します。
    以下のように、選択したファイルが元に戻ります。


  3-5.ステータスの確認

    「status」コマンドを実行すると、「master.txt」ファイルの中身が元に戻っていることが分かります。


  3-6.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。
    「master.txt」ファイルを「HEAD」のファイルに戻したため、アンステージされています。


    「ワーキングディレクトリー」の「master.txt」ファイルは影響を受けないため、編集されたファイルとして認識されています。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション