kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Oracle JDK 9(Early Access Release)をインストールする

  UbuntuにOracle JDK 9(Early Access)をインストールします。
  JDKですので、JREも含まれます。

  Java 9は、2016年にリリースが予定されています。
  ですので、現状インストールできるJava 9は、Early Access Release版になります。
  開発者向けですので、一般ユーザーはインストールする必要はありません。

  インストールについて

    各パッケージはOracleのサイトからJDKをダウンロードするため、変更の適用に時間がかかります。
    110MB程度のダウンロードです。

    もし適用中(ダウンロード中)にPCを再起動するなど適用を中断した場合は、端末を起動し以下のコマンドを実行してください。

      sudo dpkg --configure -a

Oracle JDK9のインストール

  Oracle JDK 9をインストールします。

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。
 
       ppa:webupd8team/java

  2.インストール 

    Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、「oracle-java9-installer」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  アドオンについて

    アドオンがたくさん表示されていますが、特にインストールの必要はありません。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション