kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Oracle JDK 6/7/8/9をデフォルトのJavaにする

  Oracle JDK 6/7/8/9をデフォルトのJavaにします。
  デフォルトのJavaは、Javaアプリケーションがデフォルトで利用するJavaになります。

  Ubuntuでは、OpenJDKやOracle JDKが共存できます。
  また、それぞれ複数のバージョンを共存させることができます。
  JREも同様です。

  どのJavaを使用するか指定されていない状況で利用されるJavaが、デフォルトのJavaになります。

  ここでは、Oracle JDK 6/7/8/9をデフォルトのJavaにする方法を紹介します。

  PPAの追加

    事前に以下のPPAを追加しておきます。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。
 
       ppa:webupd8team/java

  注意

    「Oracle JDK 6」と「Oracle JDK 7」はサポートが終了しています。

Oracle JDK 6をデフォルトのJavaにする

  「Oracle JDK 6」をデフォルトのJavaにします。
  Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、「oracle-java6-set-default」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。 

Oracle JDK 7をデフォルトのJavaにする

  「Oracle JDK 7」をデフォルトのJavaにします。
  Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、「oracle-java7-set-default」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

Oracle JDK 8をデフォルトのJavaにする

  「Oracle JDK 8」をデフォルトのJavaにします。
  Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、「oracle-java8-set-default」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。  

Oracle JDK 9をデフォルトのJavaにする

  「Oracle JDK 9」をデフォルトのJavaにします。
  Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、「oracle-java9-set-default」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション