kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

HUDの使用履歴の保存

  HUD(Heads Up Display)では、ユーザーがよく利用するメニュー項目を、履歴として保存します。


  「HUDの使用履歴の保存」では、使用履歴保存の有効・無効を切り替えることができます。

  チェックをオンにすれば、使用履歴の保存が有効になります。
  チェックをオフにすれば、使用履歴の保存が無効になります。

  HUD(Heads Up Display)

    「HUD」は、アプリのメニューを検索する仕組みです。
    アプリから「Alt」キーを押すと、以下のように「HUD」が表示されます。


    「コマンドを入力」欄に、メニュー項目名の一部を入力すると、入力された文字列が含まれるメニュー項目の一覧が表示されます。

Ubuntu GeoIPサービスの設定

  Ubuntuでは、ネットワークの接続状況から現在位置を特定し、その場所に応じたサービスを提供します。

  「Ubuntu GeoIPサービス」とは、この場所を特定する機能のことです。


  「Ubuntu GeoIPサービスを使用」では、「Ubuntu GeoIPサービス」の有効・無効を切り替えることができます。

  チェックをオンにすれば、「Ubuntu GeoIPサービス」が有効になります。
  チェックをオフにすれば、「Ubuntu GeoIPサービス」が無効になります。

  Ubuntu GeoIPサービスの使用例

     例えばUbuntuの時計は、PCの場所に応じて自動的に現地の時刻を表示する機能があります。

    この機能は、「システム設定」の「時刻と日付」の「時計」タブから設定できます。
    「自動検出された場所の時刻を表示」のチェックをオンにすれば、この機能が有効になります。


    「Ubuntu GeoIPサービス」は、このような機能で利用されます。

パネルにユーザー名を表示

  「セッションインジケーター」にユーザー名を表示するかどうかの設定です。


  「パネルにユーザー名を表示」では、ユーザー名の表示・非表示を切り替えることができます。

  ユーザー名を表示する(チェック オン) 

    ユーザー名は、以下のように「セッションインジケーター」に表示されます。


  ユーザー名を非表示する(チェック オフ) 

    ユーザー名は、「セッションインジケーター」に表示されません。


  システム設定からも設定できる

    「システム設定」の「ユーザーアカウント」からも、同設定を変更できます。
    「メニューバーに自分のログイン名を表示」設定で、表示・非表示の切り替えが可能です。

デスクトップアイコン表示

  デスクトップにアイコンを表示するかどうかの設定です。


  「デスクトップアイコン表示」では、デスクトップのアイコンの表示・非表示を切り替えることができます。

  アイコンを表示する(チェック オン) 

    デスクトップにアイコンが表示されます。


  アイコンを表示しない(チェック オフ) 

    デスクトップにアイコンが表示されません。
    壁紙も表示されなくなります。


デフォルトの壁紙を使用

  常にデフォルトの壁紙を表示するかどうかの設定です。


  デフォルトの壁紙を使用(チェック オン) 

    Ubuntuのデフォルトの壁紙が、デスクトップに表示されます。


  デフォルトの壁紙を使用(チェック オン) 

    ユーザーが設定した壁紙が、デスクトップに表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション