kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

UEFIのPCにUbuntu 15.10をインストールする(ライブメディアから起動 〜 EFIシステムパーティションの作成) 

  UEFIのPCにUbuntu 15.10をインストールします。


  UEFIについて

    UEFIについては以前紹介しているので、以下を参考にしてください。


  ライブメディアからUbuntuを起動すれば、BIOSで起動しているのか、UEFIで起動しているのか、すぐに分かります。

1.インストールの準備

  Ubuntu 15.10をインストールする前に、インストールの準備を行います。

  1-1.リリースノートを読む

    リリースノートに目を通し、既知の問題や日本語環境の変更点などを読んでおきます。

  1-2.ディスクイメージのダウンロード

    Ubuntu 15.10のディスクイメージをダウンロードします。

  1-3.インストール準備

    以下を参考にして、インストールの準備を行います。

  1. Ubuntu 14.04を利用する前に・Ubuntu 14.04が動作するPCについて・ CPUがPAEに対応しているか調べるには
  2. ライブメディアの作成について・メディアの準備や注意事項・Ubuntuでライブメディアを作成する
  3. WindowsでDVDのライブメディアを作成する
  4. WindowsでUSBメモリーのライブメディアを作成する
  5. ライブメディアからUbuntuを起動する・Ubuntuを試しに使ってみる

  1-4.Ubuntu 15.10のインストール環境について

    ここでは上記に記述した通り、UEFIのPCにUbuntu 15.10をインストールします。

    Ubuntu 15.10のインストール方法は、Ubuntu 14.04と同じです。
    他の環境でUbuntuをインストールしたい人は、以下を参考にしてください。


2.ライブメディアから起動

  ライブメディアからUbuntuを起動し、デスクトップ画面を表示します。


3.パーティションテーブルの作成(EFIシステムパーティション)

  HDD内に「EFIシステムパーティション」が存在せず、かつ、インストーラーでパーティションの作成を自分で行う場合、Ubuntuのインストーラーを起動する前に自分で「EFIシステムパーティション」を作成する必要があります。

  この問題の詳細は、「"Force UEFI" dialog displayed if user selects custom partitioning」を参考にしてください。
  この問題に該当しない場合は、「EFIシステムパーティション」の作成をスキップしてください。

  3-1.GPartedの起動

    画面左上のボタンをクリックし、上部の検索ボックスに「gparted」を入力します。
    以下のように「GParted Partition Editor」が候補に上がるので「GParted Partition Editor」をクリックし、「GParted Partition Editor」を起動します。


  3-2.HDDの選択

    「GParted Partition Editor」が起動したら、UbuntuをインストールするHDDを右上のメニューから選択します。


  3-3.パーティションテーブルの作成

    未フォーマットのHDDを使用する場合や既存のパーティションを全て削除したい場合、まずパーティションテーブルの作成を行います。   

    もしそうではない場合、パーティションテーブルの作成作業は飛ばしてください。

    「Device」メニューを開き、「Create Partition Table」をクリックします。


    ここでは例として、未使用のHDDを利用しています。
    未使用のHDDにはパーティションテーブルが存在しないため、「Partition」列の「unallocate」にエクスクラメーションマークが表示されています。

    これは、このHDDにパーティションを作成できないことを意味します。
    パーティションを作成するには、パーティションテーブルが必要になるためです。

  3-4.パーティションテーブルの形式の選択

    以下の画面が表示されるので、「Select new partition table type」で「gpt」を選択します。


     パーティションテーブルを作成すると、選択したHDD内の全てのデータが消えるので注意してください。

    「Apply」ボタンをクリックします。

  3-5.パーティションテーブルの作成完了

    以上でパーティションテーブルの作成は完了です。


    「Partition」列の「unallocate」に表示されていたエクスクラメーションマークがなくなっています。
    これでパーティションが作成できるようになります。

4.パーティションの作成(EFIシステムパーティション)

  次に、EFIシステムパーティション用のパーティションを作成します。

  4-1.パーティションの作成画面の表示

    「unallocated」を選択し、「Partition」メニューから「New」をクリックします。


  4-2.作成するパーティションの設定

    以下の画面が表示されるので、作成するパーティションの設定を行います。


    ポイントとなる設定項目は、以下のとおりです。

    New size

      パーティションのサイズを指定します。

      サイズは最低でも35MB以上必要ですが、同じHDDに別のOSをインストールしマルチブートを行う場合は、余裕を持って100MiBほど確保しておきましょう。

      ここでは128MiBのサイズを指定しています。

    File system

      ファイルシステムの形式を選択します。
      ここでは「fat32」を選択します。

    Label

      ファイルシステムのラベルを入力します。
      ここでは「ESP」を入力しています。

    設定を行ったら、「Add」ボタンをクリックします。
      

  4-3.パーティションの作成完了

    以下のように、パーティションが作成されます。


5.操作内容の適用(EFIシステムパーティション)

  「4.」で行った操作を適用し、実際にHDD内にパーティションを作成します。

  5-1.操作の適用

    ツールバーの「適用」ボタンをクリックします。


  5-2.適用の確認

    以下の確認画面が表示されるので、「Apply」ボタンをクリックします。


  5-3.操作の適用完了

    パーティションの作成が行われます。


    「Close」ボタンをクリックします。

6.パーティションフラグの設定(EFIシステムパーティション)

  最後に、作成したパーティションを「EFIシステムパーティション」として設定します。

  6-1.フラグの設定画面の表示

    作成したパーティションを選択し、「Partition」メニューから「Manage Flags」をクリックします。


  6-2.フラグの設定

    以下の画面が表示されるので、「boot」をクリックして「boot」にチェックを入れます。
    同時に「esp」にもチェックが入ります。


    「esp」は、「EFI System Partition」のことです。
    「Close」ボタンをクリックします。

  6-3.フラグの設定完了

    以下のように、フラグの設定が行われます。


    以上で「EFIシステムパーティション」の作成は完了です。
    「GParted」を閉じて終了します。

  「UEFIのPCにUbuntu 15.10をインストールする(インストーラーの起動 〜 インストールの種類の選択)」に続きます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション