kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

手動でDAAPサーバーに接続する

  DAAPサーバーがサイドペインに表示されない時は、手動でDAAPサーバーに接続してみると良いでしょう。

  事前にサーバーのIPアドレスとポート番号を調べておきましょう。

  1.接続画面の表示

    サイドペイン右下にある「+」ボタンをクリックして表示されるメニューから、「DAAP共有に接続」ボタンをクリックします。


  2.サーバーのアドレスの入力

    以下の画面が表示されるので、サーバーのアドレスを入力します。


    ここでは例として以下のように入力しました。


  3.サーバーの追加完了

    以下のように、サイドペインにサーバーが追加されます。


  4.サーバーに接続

    追加したサーバーをクリックするとDAAPサーバーと接続し、曲の情報が読み込まれます。


DACPクライアントとペアリングする

  DACPクライアントから「Rhythmbox」を操作するには、事前に「Rhythmbox」とDACPクライアントがペアリングを行い、お互いを認証しておく必要があります。

  1.DACPサーバーの有効化

    プラグインの設定画面で、「Touch Remoteを検索する」にチェックをいれます。


    これで「Rhythmbox」が自動的にDACPクライアントを検索するようになります。

  2.検出されたDACPクライアント

    検出されたDACPクライアントがサイドペインの「Remote」に表示されます。


  3.ペアリング開始

    検出されたDACPクライアントを選択すると、以下のようにペアリングが開始されます。
    DACPクライアント側でもペアリングを開始してください。

    DACPクライアント側でペアリングを開始すると、4桁のパスコードが表示されます。
    このパスコードを各テキストボックスに1桁づつ、入力していきます。


  4.ペアリング

    4桁のパスコードを入力すると、以下のようにペアリングが行われます。


  5.ペアリング完了

    ペアリングが完了すると以下の画面が表示されるので、「閉じる」ボタンをクリックします。


    以上で完了です。
    DACPクライアント側から操作を行ってみてください。

DACPクライアントとのペアリングを全て解除する

  一度ペアリングを行えば、次回以降の接続はペアリングを行う必要が無くなります。
  このペアリングを全て解除する方法です。

  ペアリングの解除

    プラグインの設定画面を開き、「既存のRemoteを忘れる」ボタンをクリックします。


  ペアリングが解除されないたい時は

    上記の方法でペアリングが解除されないたい時は、「端末」から以下のコマンドを実行してください。

dconf reset /org/gnome/rhythmbox/plugins/daap/dacp/known-remotes


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション