kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Linux向けGoogle Chrome 32bit版のサポート終了

  以前紹介した通り、Linux向けGoogle Chrome 32bit版のサポートが終了しました。


  同様に以前紹介した通り、「Debian 7」及び「Ubuntu 12.04」向け「Google Chrome」のサポートも終了しました。
  今後「Google Chrome」に脆弱性などの問題が見つかっても、アップデートは提供されません。

  Linux向けGoogle Chrome 32bit版のダウンロードは、すでに行えなくなっています。


  サポート終了の影響を受けるユーザー 

    以下のいずれかの条件に該当する人は、今回のサポート終了に該当します。

  • Ubuntu 12.04を利用している
  • Debian 7を利用している
  • 32bit版のLinuxを利用している(Ubuntu 32bit版など)

    従って、「Ubuntu 14.04 32bit版」や「Ubuntu 15.10 32bit版」を利用している人もサポート終了に該当します。
    「Ubuntu 12.04 64bit版」を利用している人もサポート終了に該当します。

    サポートが行われないブラウザーの使用は非常に危険ですので、サポート終了に該当する人は「Google Chrome」を利用しないでください。

Google Chromeのアンインストール

  サポート終了に該当する人は、「Google Chrome」をアンインストールしてください。

  またリポジトリーが利用できなくなるため、リポジトリーも削除しておきましょう。
  リポジトリーを削除しないと、「ソフトウェアの更新」実行時に以下のようなエラーが表示されます。


  1.Google Chromeのアンインストール

    「Google Chrome」をアンインストールするには、「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「google-chrome-stable」で検索します。


    「削除」ボタンをクリックすれば、アンインストールが行われます。

  2.リポジトリーの削除

    「システム設定」から「ソフトウェアとアップデート」を起動し、「他のソフトウェア」タブをクリックします。

    リポジトリーの一覧が表示されるので、「http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main」を選択し、「削除」ボタンをクリックします。


  3.認証用の鍵の削除

    認証用の鍵の削除は任意ですが、削除するなら以下の方法で削除します。
    「Google, Inc. Linux Package Signing Key」を選択し、「削除」ボタンをクリックします。


    以上で完了です。

代わりのブラウザー

  参考までに、サポートの切れた「Google Chrome」の代わりに利用できるブラウザーを紹介します。

  Firefox

    Ubuntuにデフォルトでインストールされているブラウザーです。


    説明するまでもなく、非常に有名なブラウザーですね。

  Chromium

    「Google Chrome」の元となるブラウザーです。
    「Google Chrome」と異なり「Chromium」は、オープンソースで開発されています。


    「Google Chrome」と同様の使い勝手を提供します。
    「Chromium」のインストール方法は、「Chromiumのインストール」を参考にしてください。

  Opera

    「Chromium」ベースのブラウザーです。


    「Chromium」がベースということもあり、「Google Chrome」と似た機能や使い勝手を提供します。

    「Opera」のインストール方法は、以下を参考にしてください。


   Vivaldi

    「Chromium」ベースのブラウザーです。


    「Chromium」がベースということもあり、「Google Chrome」と似た機能や使い勝手を提供します。
    「Vivaldi」はパワーユーザー向けのブラウザーということもあり、パワーユーザー向けの機能が充実しています。

    「Vivaldi」のインストール方法は、「Vivaldiのインストール」を参考にしてください。

    注意

      現状安定版がリリースされておらず、β版のみリリースされています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション