kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntuとフレーバーの比較

2016/4/21に「Ubuntu 16.04 LTS」がリリースされました。


今回リリースされた16.04はLTS版ということもあり、16.04版でUbuntu及び各フレーバーを比較してみます。

budgie-remixについて

「budgie-remix」はフレーバーではありませんが、「Ubuntu 16.10」でフレーバーになる予定なので、ここで紹介します。

環境について

今回比較するUbuntu及び各フレーバーは、以下の環境にインストールしています。

  • VirtualBox 5.0.20
  • 各OSは日本語環境にセットアップ済み
  • VirtualBox Guest Addtionsをインストール済み 
  • すべてのアプリ(パッケージ)をアップデート済み
  • OSのバージョンは16.04 64bit版
  • UEFIでインストール

あくまでVirtualBox上で比較した内容なので、各種数値は参考程度に留めてください。

比較内容と比較結果

Ubuntu及び各フレーバーの比較内容と比較結果です。

比較項目 Ubuntu Kubuntu Xubuntu Lubuntu
デスクトップ環境 Unity Plasma(
KDE)
Xfce LXDE
メモリー使用量 560MiB 347MiB 282MiB 182MiB
ディスクイメージのサイズ 1.4GiB 1.4GiB 1.2GiB 0.84GiB
HDD使用量 5.9GiB 5.4GiB 4.0GiB 3.4GiB
UI Mac OS X Windows XP
Windows 7
Windows XP
Windows 7
Windows 98
Windows 2000
日本語対応 問題なし 英語のUIあり 問題なし 問題なし
OpenGL 必要 推奨
サポート期間(通常) 9ヶ月 9ヶ月 9ヶ月 9ヶ月
サポート期間(LTS) 5年 3年 3年 3年


比較項目 Ubuntu GNOME Ubuntu MATE budgie-remix
デスクトップ環境 GNOME MATE Budgie
メモリー使用量 600MiB 293MiB 512MiB
ディスクイメージのサイズ 1.2GiB 1.5GiB 0.94GiB
HDD使用量 4.4GiB 4.8GiB 5.5GiB
UI Windows 8 Mac OS 9
Mac OS X
Windows7
日本語対応 問題なし 問題なし ほぼ問題なし
OpenGL 必要 必要
サポート期間(通常) 9ヶ月 9ヶ月
サポート期間(LTS) 3年 3年

デスクトップ環境

各OSで採用しているデスクトップ環境の名称です。

メモリー使用量

メモリー使用量は、OSにログインした後のOSのメモリーの使用量です。
ログイン後に1分程度待ち、「free」コマンドで表示された値を元にしています。

仮想マシンでのメモリー使用量なので、実機にOSをインストールした場合はこの値に1.1倍から1.5倍程度した値を参考にすれば良いでしょう。

ハードウェア(デバイス)が多く搭載されているPCほどメモリー使用量が増えるため、環境によって差が出ます。

まとめ

相変わらず最軽量である「Lubuntu」のメモリー使用量が、他と比較して頭ひとつ抜けています。
その分機能がシンプルなので、ユーザーは後からカスタマイズしたくなるかも知れません。

次点で「Xubuntu」と「Ubuntu MATE」のメモリー使用量の少なさが見て取れます。

UbuntuとUbuntu GNOMEのメモリー使用量が増えた

14.04の時と比較し、「Ubuntu」と「Ubuntu GNOME」のメモリー使用量が増えました。
これはログイン時に「Ubuntu/GNOMEソフトウェア」が起動し常駐するなど、ログイン時に起動するアプリが増えた影響が大きいです。

Kubuntuが軽量化された

「Kubuntu 16.04」ではデスクトップ環境に「Plasma 5」を採用しています。「Kubuntu 14.04」と比較して、3Dアクセラレーションがない環境でもスムーズに動作するようになりました。

「Kubuntu」は軽量系のフレーバーではありませんが、今まで動作が重かった環境でも利用できるようになるでしょう。

メモリーがどの程度必要かは使い方による

アプリを複数起動して利用するわけですから、メモリーを1GiB搭載しているから問題ない、といった判断はできません。
結局自分の使い方でメモリーが足りるかどうか試用した上で決めることになります。

ディスクイメージのサイズ

ディスクイメージのサイズです。

HDD使用量

ルートパーティション(OSをインストールしたパーティション)の使用量です。
EFIシステムパーティションやスワップパーティションは含まれません。

VirtualBox Guest Addtionsのインストールや、VirtualBox Guest Addtionsをビルドするために必要なパッケージなどを後からインストールしているため、素の状態だともう少しHDDの使用量は少なめになります。

まとめ

「Lubuntu」が最もHDDの使用量が少ないです。
次点で「Xubuntu」のHDDの使用量が少ないです。

ただ「Lubuntu」は標準でインストールされるアプリの構成がシンプルなので、他のOSよりも後からアプリをインストールする機会が多くなると思います。

例えば「Lubuntu」では、「LibreOffice」がインストールされていません。
「LibreOffice」をインストールすると、440MiB以上HDDの使用量が増えます。
使い方により、結果的に大きな差にならないケースもあります。

UI

UIの構成を他のOSで表現しています。
あくまで見た目や使い方が似てるというだけです。

Windowsで言うところのスタートメニュー(アプリケーションランチャー)や、メニュー構成、Windowsで言うところのタスクバーの構成等を対象にしています。

「Ubuntu GNOME」は、いわゆるスタートメニューが全画面で表示されるというだけで、Windows 8のModern UIの中身とは大きく異なります。

多くのOSはシェルの配置をカスタマイズできるので、この「UI」の項目は参考程度にしてください。

日本語対応について

いずれのOSも日本語の入力や表示は可能です。
UIの日本語化に焦点を当てています。
標準でインストールされるアプリが対象になります。

「Kubuntu」は英語で表示されるUIが多く、特にシステム設定に関しては英語表記のUIが多いです。
とは言え難しい英単語は使われていないため、使用が困難になるような難しさはありません。

OpenGL

デスクトップ環境がOpenGLを要求し、かつ、OpenGLの性能が高いほうが快適に利用できる場合は「必須」もしくは「推奨」と記述しています。
それ以外は「ー」と記述しています。

「Kubuntu」は細かなカスタマイズが可能なので、自分でパフォーマンスを調整することができます。

Windowsに置き換えて表現すると

Windows VistaやWindows 7で言うところのAero相当の機能を使用する場合は、「必須」もしくは「推奨」になります。
Windowsでは3Dの描画に「Direct3D」を使用しますが、Ubuntuやフレーバーではこれが「OpenGL」になります。

どのフレーバーでもOpenGLが利用できます

    デスクトップ環境がOpenGLを要求するというだけですので、「Xubuntu」や「Lubuntu」でOpenGLを利用できないということではありません。

「Xubuntu」や「Lubuntu」でも3DモデリングツールのようなOpenGLを使用するアプリを利用することができます。
もちろんその場合は、それらのアプリを快適に使用するためにOpenGL性能の高いGPUが必要になります。

OpenGLのサポート状況についてはいずれのフレーバーもベースがUbuntuと同じであるため、Ubuntu以外のフレーバーでも同様にOpenGLのアプリが利用できます。

そういう意味ではUnityは、OpenGLを使用するアプリの一つと捉えることができます。

サポート期間(通常)

通常リリース(非LTS)のサポート期間です。
表内の記述は通常リリースであるバージョン 15.10のサポート期間です。

現状通常リリースのサポート期間は、どのOSも9ヶ月です。
「budgie-remix」はフレーバーではないため、記述していません。

サポート期間(LTS)

LTS版(Long Term Support)のサポート期間です。
表内の記述は、LTS版であるバージョン 16.04のサポート期間です。

OSによりサポート期間が異なるため、注意が必要です。
「budgie-remix」はフレーバーではないため、記述していません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション