kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

β1ではLXDEを採用

先ほど紹介した通り、「Lubuntu 16.10 β1」がリリースされました。


以前紹介した通り、「Lubuntu」は将来、デスクトップ環境を既存の「LXDE」から「LXQt」へ移行する計画があります。

Lubuntu 16.10 β1」のリリースノートによると、「Lubuntu 16.10 β1」では「LXQt」を採用せず、「LXDE」を採用しています。
 これは「LXQt」が現在開発中であるため、とのことです。
「LXQt」の開発は日々行われていますが、「Lubuntu 16.10 β1」のリリーススケジュールには間に合いませんでした。

β1のディスクイメージのサイズがCDサイズを超える

Lubuntu 16.10 β1」のディスクイメージのサイズがCDサイズを超えています。

OS サイズ
Lubuntu 16.10 β1 32bit 936MB
Lubuntu 16.10 β1 64bit 931MB

これは一時的なもので、CDサイズに収めるかどうかはまだ決定していません。
以前紹介した通り、現在「今後のディスクイメージサイズに関するアンケート」が行われています。

以前紹介した際、アンケートの期限は「2016年8月26日 19:00(UTC)」まででしたが、アンケートの期限が延ばされ、「2016年8月30日 19:00(UTC)」までアンケートが実施されています。

現在アンケート結果を見ると79%のユーザーは、netboot/minimalイメージがCDサイズ以内で提供されるのであれば、ディスクイメージがCDサイズに収まらなくても問題ない、との見解を示しています。

アンケート結果だけでディスクイメージのサイズが決まるということではありませんが、このままだと正式リリースされた「Lubuntu 16.10」のディスクイメージのサイズは、CDサイズを超えそうですね。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション