kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

PowerShell DSCとImplicit remotingが動作しない

「KB3176934」よる更新で、「PowerShell DSC」と「PowerShell Implicit remoting」が動作しなくなる不具合が報告されています。



2016年8月23日、Windowsクライアント向けに「KB3176934」が提供されました。
この更新ではビルドパッケージに.MOFファイルが不足しているため、この更新により、「PowerShell DSC」が動作しなくなります。
結果すべてのDSC操作は、「Invalid Property」エラーを返します。

加えてビルドパッケージに必要なバイナリーが不足しており、更新により「PowerShell Implicit remoting」も動作しなくなります。

「PowerShell Implicit remoting」は、リモートセッション上でコマンドを実行する「PowerShell」の機能です。
 特に以下のようなリモートセッションのインポートが動作しません。

$remoteSession = New-PSSession -Cn TargetComputer
Import-PSSession -Session $remoteSession

Import-PSSession : Could not load type ‘System.Management.Automation.SecuritySupport’ from assembly
‘System.Management.Automation, Version=3.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35’.

回避策

問題が修正されるまでの回避策です。

1.KB3176934のアンインストール

「PowerShell DSC」を利用する環境から、「KB3176934」をアンインストールします。
「PowerShell」から以下のコマンドを実行します。

wusa /uninstall /kb:3176934

2.更新の拒否

「WSUS」を利用している場合、「KB3176934」のインストールを拒否してください。
もしくは、グループポリシーの「Configure Automatic Updates」を「2 - Notify for download and notify for install」に設定します。
グループポリシーの設定方法は、以下を参考にしてください。


修正された更新の提供時期

この問題が修正された更新の提供時期は、2016年8月30日に予定されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション