kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu 14.04・Ubuntu 16.04・WSLのパフォーマンス比較

「Phoronix」にて、実機にインストールしたUbuntuと、WSL上でのUbuntuのパフォーマンス比較が行われています。



興味深い結果になっています。

テスト環境

テスト環境は、以下の通りです。
詳細は、上記リンク先を参照してください。

OSはいずれも64bit版です。

  • Ubuntu 14.04.5(WSL)
  • Ubuntu 14.04.5
  • Ubuntu 16.04.1(WSL)
  • Ubuntu 16.04.1

ソフトウェアのバージョンは、以下の通りです。

項目 Ubuntu 14.04.5
(WSL)
Ubuntu 14.04.5 Ubuntu 16.04.1
(WSL)
Ubuntu 16.04.1
CPU Intel Core i5
6600K Skylake
同左 同左 同左
メモリー 16GiB 同左 同左 同左
GPU CPUの内蔵GPU 同左 同左 同左
HDD Toshiba SSD
256GiB
同左 同左 同左
Linux Kernel 3.4.0+ 4.4.0-34-generic 3.4.0+ 4.4.0-34-generic
Unity Unity 7.2.6 Unity 7.4.0
X Server X Server 1.18.3 X Server 1.18.3
GPUドライバー intel 2.99.917 intel 2.99.917
Mesa 3.3 Mesa 11.2.0 3.3 Mesa 11.2.0

ベンチマーク結果

ベンチマーク結果です。

ディスク(SQLite/Compile Bench)

データベースなどディスクパフォーマンスに焦点を当てたベンチマークでは、実機にインストールしたUbuntuのパフォーマンスがWSLのパフォーマンスを上回っています。

特に「Compile Bench」では50倍以上の圧倒的な差がでており、ディスクパフォーマンスは実機にインストールしたUbuntuが、良いパフォーマンスを得られます。

メモリー(Stream)

メモリーのアクセスパフォーマンスでは、パフォーマンスが逆転しています。
つまりWSL上のUbuntuが、良いパフォーマンスを得られています。

およそ10%〜16%のパフォーマンス差で、WSL上のUbuntuが良い結果を出しています。

CPU(Dolfyn/Fhourstones/John The Ripper)

CPUのベンチマークでは、ほとんど変わらない、もしくは、わずかに実機にインストールしたUbuntuのパフォーマンスが上回る結果になっています。

x264エンコード(x264)

x264エンコードのベンチマーク結果では、約8%のパフォーマンス差で、WSL上のUbuntuが良い結果を出しています。

コンパイル(Linux Kernel/PHP)

ソフトウェアのコンパイルにかかる時間をベンチマークにした結果です。
いずれの結果でも、およそ倍近いパフォーマンス差で、実機にインストールしたUbuntuのパフォーマンスが上回る結果になっています。

課題はディスクパフォーマンスか

ベンチマーク結果から分かることは、WSLのディスクパフォーマンスは悪いが、それ以外のパフォーマンスは実機に近い、もしくは、実機に匹敵するパフォーマンスを出している、という点です。

またメモリーのパフォーマンスは、実機よりも良いパフォーマンスが得られています。

VolFsのパフォーマンスが改善されれば、実機相当の性能をWSLで実現できるようになるでしょう。


関連記事一覧
オプション