kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu On Windowsをインストールするには(Windows 10 Anniversary Update版)

「Windows 10 Anniversary Update」で「Ubuntu On Windows」をインストールする方法です。


以前紹介した時は「Windows Insider Program」への参加が必要でしたが、「Windows 10 Anniversary Update」でその必要がなくなったため、ここでは「Windows Insider Program」に参加していないユーザー向けに「Ubuntu On Windows」のインストール方法を紹介します。

とは言っても、やることは同じです。

1.Ubuntu On Windowsが利用できかどうか確認

まず自分が利用している環境で「Ubuntu On Windows」が利用できるかどうか確認を行います。
「Ubuntu On Windows」を利用するには、以下の条件をすべて満たしている必要があります。

  • Windows 10 64bit版を利用している
  • Windows 10 Anniversary Updateを適用している

1-1.システム情報の表示

「Windowsの設定」画面を開き、「システム」をクリックします。


1-2.バージョンとアーキテクチャーの確認 

左側の項目一覧から「バージョン情報」をクリックします。


以下の項目を確認します。

  1. 「OSビルド」が、「14393」以上のバージョンになっているか
  2. 「システムの種類」が、 「64ビットオペレーティングシステム、x64ベースプロセッサ」になっているか

もし「OSビルド」が、「14393」未満のバージョンになっている場合は、「Windows Update」を起動し、「Windows 10 Anniversary Update」を適用してください。

以上で確認は完了です。

2.開発者モードを有効にする 

まず初めに、「Ubuntu On Windows」を支える「WSL」をインストールする必要があります。
「WSL」をインストールするには、「開発者モード」を有効にする必要があります。

2-1.設定画面の表示

「Windowsの設定」画面を開き、「更新とセキュリティ」をクリックします。


2-2.開発者モードの有効化

左側の項目一覧から「開発者向け」をクリックし、右側の項目一覧から「開発者モード」をクリックします。


3.WSLのインストール

次に「WSL」をインストールします。

3-1.プログラムと機能を開く

「コントロールパネル」を開き、「プログラムと機能」をクリックします。


3-2.Windowsの機能の有効化または無効化を開く

左側の項目一覧から「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。


3-3.WSLのインストール

「Windows Subsystem for Linux (Beta)」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。


「WSL(Windows Subsystem for Linux)」のインストールが始まります。
PCの再起動を求められたら、必ず指示に従ってPCを再起動してください。
さもないと「Ubuntu On Windows」が動作しません。

補足

上記はGUIから「WSL」をインストールする方法ですが、「コマンドプロンプト」(CUI)から以下のコマンドを実行することで、「WSL」をインストールすることもできます。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

4.Ubuntuのインストール

「Ubuntu」をインストールします。

4-1.Ubuntuのインストール

「コマンドプロンプト」を起動し、以下のコマンドを実行します。

bash


「y」を入力して「エンター」キーを押せば、「Ubuntu」のダウンロードとインストールが始まります。
後は画面の指示に従って作業するだけです。

4-2.ロケールの設定

以下の質問は、「Ubuntu」のロケール(言語設定)を「Windows」のロケールと同じロケールにするかどうかの質問です。

Would you like to set the Ubuntu locale to match the Windows locale (ja-JP)?


「ja-JP」は、日本語のロケール設定です。
「y」を入力して「エンター」キーを押せば、日本語のロケールが設定されます。

4-3.ユーザーの作成

「Ubuntu」で利用するユーザーの作成を行います。
以下の問い合わせが表示されたら、ユーザー名を入力し「エンター」キーを押します。


続いてそのユーザーのパスワードを設定します。
ユーザーに設定するパスワードを確認も含め2回入力します。

ユーザー名とパスワードは、英数字及び一部の記号のみ利用できます。

4-4.インストール完了

「Ubuntu」のインストールが完了し、「Ubuntu」の「bash」が起動します。


インストール直後の「Ubuntu」のバージョンは、「Ubuntu 14.04.4」でした。


4-5.bashを起動するには

「Ubuntu」インストール後に自動的に「bash」が起動しますが、新規に「Ubuntu」の「bash」を起動したいときは、「スタートメニュー」から「bash」を検索し、「Bash on Ubuntu in Windows」をクリックしてください。


もしくは「コマンドプロンプト」や「PowerShell」から「bash」を実行してください。
以上で完了です。

5.Ubuntu 14.04.5にアップデートするには

現在「Ubuntu 14.04」の最新バージョンは、「Ubuntu 14.04.5」です。
「Ubuntu 14.04.5」へアップデートする方法です。

「Ubuntu」の「bash」で以下のコマンドを1行ずつ実行します。

sudo apt update
sudo apt upgrade


パッケージのアップデート後に「Ubuntu」のバージョンを確認すると、「Ubuntu 14.04.5」になっています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション