kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Build 14901の変更点

2016/8/11にリリースされたBuild 14901の「WSL」に関する変更点です。



今回のリリースは、「Windows 10 Anniversary Update」リリース後の初の「First Insider」向けリリースとなります。

不具合の修正やシステムコールのサポート改善が行われています。

リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の追加や改善

Build 14901で行われた機能の追加や改善です。

1.インストール時にロケール設定の確認を行うようになった

インストール時にロケール設定の確認を行うようになりました。


2.Procfsのnsフォルダーのサポート

Procfsがnsフォルダーをサポートしました。


3.マウント・アンマウントをサポートするファイルシステムの追加

以下のファイルシステムのマウント・アンマウントをサポートしました。

  • tmpfs
  • procfs
  • sysfs

4.UNIXソケット

  • ソケットがディスパッチモデルへ移行しました。
  • 「MSG_CMSG_CLOEXEC」を実装しました。
  • INETソケットのsetsockoptでセットされたrecvバッファーサイズが、適切に処理されるようになりました。
  • INETソケットのデフォルトのバッファーサイズが、Ubuntuのデフォルトに合うように変更されました。

5.パイプリダイレクション

Linuxプロセスの標準出力/標準入力のパイプリダイレクションをサポートしました。


「コマンドプロンプト」にて、以下のようなコマンドが実行可能です。

dir | bash -c "grep Con"


6.xattrシステムコール

「xattr」システムコールを「listxattr」に揃えました。

7.SIOCGIFCONF

SIOCGIFCONFから有効なIPv4アドレスを持つインターフェースのみ返すようにしました。

8.min_free_kbytesの実装

「/proc/sys/vm/min_free_kbytes」が実装されました。


9.hostnameの実装

「/proc/sys/kernel/hostname」が実装されました。


不具合の修正

Build 14901で行われた不具合の修正です。
リリースノートに記述されていない不具合の修正も行われています。

1.パスの終端スラッシュの解釈に関する問題の修正

パスの終端スラッシュの解釈に関する問題が修正されました。
例えば以下のコマンドは期待通り動作するようになりました。

mv a/c/ a/b/

2.mknod 32bit ABIシグネチャーの修正

mknod 32bit ABIシグネチャーを修正しました。

3.複数のページファイルを設定している環境でインストールできない問題の修正

複数のページファイルを設定している環境で、「Ubuntu on Windows」をインストールできない問題が修正されました。


4.ptrace

ptraceからinjectした際、シグナルのデフォルト動作に関する問題を修正しました。

5.java/javacがフリーズする問題の修正

java/javacがフリーズする問題を修正しました。


システムコール

Build 14901で行われたシステムコールに関する変更です。
以下のシステムコールが新たにサポートされました。

  • WAITID
  • EPOLL_PWAIT

すべてのパラメーターとの組み合わせは、現時点でサポートされていません。
「WSL」がサポートしているSyscallの一覧は、以下を参考にしてください。



Ubuntu on WindowsのFAQの更新

Build 14901までに行われた「Ubuntu on Windows」のFAQの更新を反映しました。
「Ubuntu on Windows」のFAQは、以下を参考にしてください。


追記部分

FAQの追記部分は、以下の通りです。

[ping実行時にアクセス権がないと出るんだけど]
Windowsでは「ping」の実行に管理者権限が必要になる。
管理者として「Bash on Unbutu on Windows」を実行するか、管理者で起動している「コマンドプロンプト」や「PowerShell」から「bash」を起動して欲しい。

[OpenSSHサーバーはどうやって起動するの?]
「ping」と同じように管理者として「Bash on Unbutu on Windows」を実行するか、管理者で起動している「コマンドプロンプト」や「PowerShell」から「bash」を起動して欲しい。

[WSLからインターネットにアクセスできないんだけど]
ユーザーから、特定のファイアーウォールアプリケーションがWSLのインターネットへのアクセスをブロックするとの報告があった。
報告を受けているファイアーウォールは、以下のとおりだ。

  1. Kaspersky
  2. AVG
  3. Avast

ファイアーウォールをオフにしてインターネットへアクセスできるか確認して欲しい。
またアクセスを許可できるか確認して欲しい。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション