kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Build 14915の変更点

2016年8月31日にリリースされたBuild 14915の「WSL」に関する変更点です。


UNIXソケットのサポートが改善されています。

リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の追加や改善

Build 14915で行われた機能の追加や改善です。

1.ソケットのサポート改善

UNIXソケットのサポートが改善され、以下の対応が行われました。

  • PF_LOCALデータグラムソケットのサポート
  • SO_REUSEADDRのサポート 
  • SO_BROADCASTのサポート 
  • SOCK_SEQPACKETのサポート 
  • データグラムソケットのsend、recv、shutdown対応

この件に関連する不具合報告は、以下を参考にしてください。


2.ターミナルステート

ターミナルステートのサスペンドとリジュームに対応しました。

3.TIOCPKT ioctlのサポート

screenをブロックしないようにするため、TIOCPKT ioctlをサポートしました。
この件に関連する不具合報告は、以下を参考にしてください。


既知の問題

既知の問題として、ファンクションキーが機能しません。

4.再開可能なシステムコールの改善

再開可能なシステムコールにおいて、以下の機能を利用可能できるようになりました。

  • futex
  • poll
  • clock_nanosleep

5.マウントのサポート改善

bindマウントがサポートされました。
また「unshare」がマウント名前空間をサポートしました。

既知の問題

「unshare(CLONE_NEWNS)」で新しいマウント名前空間を作成する際、現在のワーキングディレクトリーは古い名前空間を指したままになります。

不具合の修正

Build 14915で行われた不具合の修正です。
リリースノートに記述されていない不具合の修正も行われています。

1.mmapシステムコールの不具合修正

mmapシステムコールを呼び出す際、特定のパラメーターでWindowsごとクラッシュしていた問題が修正されました。
不具合報告は、以下を参考にしてください。


2.TimerFdの修正

解放済みのReaderReadyメンバーにLxpTimerFdWorkerRoutineがアクセスする問題が修正されました。


Ubuntu on WindowsのFAQの更新

Build 14915までに行われた「Ubuntu on Windows」のFAQの更新を反映しました。
「Ubuntu on Windows」のFAQは、以下を参考にしてください。


追記部分

FAQの追記部分は、以下の通りです。

[Windowsをアップグレードした後bash.exeを起動すると、Error: 0x80040154になるんだけど?]
Windowsがアップデート処理を行っている間、WSLの機能が無効になる場合がある。
もしこのエラーに遭遇したら、「Windowsの機能の有効化または無効化」から再度「WSL」を有効にする必要がある。
「WSL」のインストールと同じ作業だ。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション