kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Build 14946の変更点

2016年10月13日にリリースされた「Build 14946」の「WSL」に関する変更点です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の追加や改善

「Build 14946」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない機能の改善も行われています。

1.ディレクトリーのリンクカウント

VolFs」や「DrvFs」のstatで、ディレクトリーのリンクカウントに「0」を返すように変更されました。
 

2.ソケットオプションのサポート

「IPV6_MULTICAST_HOPS」ソケットオプションをサポートしました。

3.ttyごとに1つのコンソールI/Oループ

ttyごとに1つのコンソールI/Oループを使用するように制限しました。
以下のようなコマンドが実行可能になります。

bash -c "echo data" | bash -c "ssh user@example.com 'cat > foo.txt'"


4.mountinfoとWindowsボリューム

DrvFs」がマウントされたWindowsボリュームの名称で「mountinfo」に表示されるようになりました。

不具合の修正

「Build 14946」で行われた不具合の修正です。
リリースノートに記述されていない不具合の修正も行われています。

1.ユーザーアカウントの作成に失敗する不具合の修正

「Windows」のユーザーアカウントにスペースやクォーテーションマークが含まれている場合、「WSL」のユーザーアカウントの作成に失敗する問題が修正されました。

2./proc/cpuinfoの空白文字

「/proc/cpuinfo」のスペースをタブ文字で表現するように修正されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


3.mountinfoの修正

「/home」と「/root」が正しい名称で「mountinfo」に表示されるようになりました。

Linux Test Projectのテスト結果

「Linux Test Project(LTP)」は、「Linux Kernel」やカーネルに関連した機能の信頼性、頑健性、安定性のテストを行うテストスイートを開発しているプロジェクトです。

「WSL」は「Linux Kernel」相当の機能を提供するソフトウェアであり、「Linux Test Project」で「WSL」のテストを行った結果が公開されています。

  • テストに合格した項目数:665(前回:665)
  • テストに失敗した項目数:263(前回:263)

テスト結果

「LTP」のテスト結果は、以下で参照できます。


関連記事一覧
オプション