kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

AppIndicatorに対応

「budgie-remix」では、「Ubuntu」のインジケーターの仕組みで使用される「AppIndicator」に対応したアプレットが提供され、「Fcitx」など「Ubuntu」のインジケーターが表示できるようになりました。


以下の画面はインプットメソッドフレームワークに「Fcitx」を選択し、「gedit」で日本語入力を行っている時の画面です。


「Fcitx」のインジケーターをクリックすれば、以下のように「Fcitx」のメニューが表示されます。


以下は「System Load Indicator(indicator-multiload)」のメニューを表示した画面です。


AppIndicatorアプレットを利用するには

上記の「Fcitx」等のインジケーターは、「AppIndicatorアプレット」内に表示されています。
「AppIndicatorアプレット」をパネルに追加すれば、「Fcitx」等のインジケーターが利用できるようになります。

1.Budgie設定画面の表示

「Raven」を表示し、右上のギアアイコンをクリックします。


2.アプレットの追加画面の表示

以下のように「Budgie設定」画面が表示されるので、「パネル」ボタンをクリックします。
その後「アプレット」の「+」ボタンをクリックします。


3.アプレットの追加

アプレットの一覧から「AppIndicator Applet」を選択して「+」ボタンをクリックします。


4.アプレットの追加完了

以下のように「AppIndicator Applet」が追加されます。


以上で完了です。
インジケーターが表示されない時は、ログインし直してください。


関連記事一覧
オプション