kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

UbuntuにSQL Serverをインストールするには

先ほど紹介した「SQL Serverパブリックプレビュー(SQL Server vNext CTP1)」を「Ubuntu」にインストールしてみます。


サポートしているUbuntuのバージョン

現時点で「SQL Serverパブリックプレビュー」がサポートしている「Ubuntu」のバージョンは、「Ubuntu 16.04 64bit」です。

メモリー要件

「Ubuntu」上で「SQL Server」を動作させるには、最低でも3.25GB以上のメモリーが必要になります。

また現時点で「SQL Server」のテストは、最大256GBのメモリーを搭載した環境でのみテストされています。

インストール

「Ubuntu 16.04 64bit」に「SQL Server」をインストールします。


作業はすべて「端末」から行うため、事前に「端末」を起動しておきます。 

1.rootに切り替え

以下のコマンドを実行し、rootに切り替えます。

sudo su


2.リポジトリー認証キーの追加

以下のコマンドを実行し、リポジトリーの認証キーを追加します。

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | apt-key add -


3.リポジトリーの追加

以下のコマンドを実行し、リポジトリーを追加します。

curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/mssql-server.list > /etc/apt/sources.list.d/mssql-server.list


4.ユーザーに戻る

以下のコマンドを実行し、rootからユーザーに戻ります。

exit


5.パッケージインデックスファイルの更新

以下のコマンドを実行し、パッケージインデックスファイルを更新します。

sudo apt-get update


6.SQL Serverのインストール

以下のコマンドを実行し、「SQL Server」 をインストールします。

sudo apt-get install -y mssql-server


メモリー容量が3.25GB未満の環境でインストールを行うと、以下のエラーが発生します。

ERROR: This machine must have at least 3.25 gigabytes of memory to install Microsoft(R) SQL Server(R).
dpkg: アーカイブ /var/cache/apt/archives/mssql-server_14.0.1.246-6_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--unpack):
 サブプロセス 新しい pre-installation スクリプト はエラー終了ステータス 1 を返しました
libc-bin (2.23-0ubuntu4) のトリガを処理しています ...
処理中にエラーが発生しました:
 /var/cache/apt/archives/mssql-server_14.0.1.246-6_amd64.deb
E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)

7.インストール完了

以下のように、「SQL Server」のインストールが完了します。


初期設定を行う

「SQL Server」のインストールが完了したら、「SQL Server」の初期設定を行います。

1.初期設定開始

以下のコマンドを実行し、初期設定を開始します。

sudo /opt/mssql/bin/sqlservr-setup

2.ライセンス

以下のようにライセンスのURLやパスが表示されるので、リンク先のライセンスの内容を読み、ライセンスに承諾できるなら「YES」を入力して「エンター」キーを押します。


3.管理者のパスワード設定

「SQL Server」の管理者(SA)のパスワードを設定します。
以下の画面が表示されるので、管理者(SA)のパスワードを入力し「エンター」キーを押します。


パスワードの確認

確認のため、もう一度同じパスワードを入力して「エンター」キーを押します。


4.SQL Serverの起動確認

以下のように「SQL Server」を起動するかどうか尋ねられるので、「y」を入力して「エンター」キーを押します。


5.PC起動時のSQL Serverの起動確認

PC起動時に「SQL Server」を自動的に起動するかどうか尋ねられます。
PC起動時に「SQL Server」を自動的に起動したいなら、「y」を入力して「エンター」キーを押します。


6.設定完了

以上で設定完了です。


SQL Serverが起動しているか確認するには

「SQL Server」が起動しているか確認するには、以下のコマンドを実行します。

systemctl status mssql-server


上記のように「actrive (running)」となっていれば、「SQL Server」が起動しています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション