kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

SQL Serverツールをインストールするには

「SQL Serverツール」をインストールする方法です。



「SQL Serverツール」には、コマンドラインツールやMicrosoft ODBCドライバーが含まれています。
また「mssql-tools」パッケージには、以下のコマンドツールが含まれています。

sqlcmd:CLIクエリーユーティリティー
bcp:バルクインポートユーティリティー

作業はすべて「端末」から行うため、事前に「端末」を起動しておきます。 

1.rootに切り替え

以下のコマンドを実行し、rootに切り替えます。

sudo su


2.リポジトリー認証キーの追加

以下のコマンドを実行し、リポジトリーの認証キーを追加します。

curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | apt-key add -


3.リポジトリーの追加

以下のコマンドを実行し、リポジトリーを追加します。

curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/prod.list > /etc/apt/sources.list.d/msprod.list


4.ユーザーに戻る

以下のコマンドを実行し、rootからユーザーに戻ります。

exit


5.パッケージインデックスファイルの更新

以下のコマンドを実行し、パッケージインデックスファイルを更新します。

sudo apt-get update


6.SQL Serverのインストール

以下のコマンドを実行し、「SQL Serverツール」をインストールします。

sudo apt-get install -y mssql-tools

ライセンスの確認画面が表示されるので、リンク先のライセンスの内容を読み、ライセンスに承諾できるなら「←」キーを押して「<はい>」を選択し、「エンター」キーを押します。


ライセンスの確認画面が表示されるので、リンク先のライセンスの内容を読み、ライセンスに承諾できるなら「←」キーを押して「<はい>」を選択し、「エンター」キーを押します。


7.インストール完了

以下のように「SQL Serverツール」のインストールが完了します。


SQL Serverに接続する

「sqlcmd」コマンドを利用して、「SQL Server」に接続してみます。


TCP 1433

デフォルトでは、「SQL Server」は「TCP 1433」で待ち受けています。


1.接続開始

ここでは例として、ローカルホスト上で動作している「SQL Server」に接続します。
認証に使用するユーザーは、「SA」を使用します。
以下のコマンドを実行します。

sqlcmd -S localhost -U SA

「SA」ユーザーのパスワードを聞かれるので、パスワードを入力し「エンター」キーを押します。

2.接続完了

ユーザーの認証が成功すれば以下のように「SQL Server」に接続され、コマンド入力を受け付ける画面になります。


3.コマンドの実行

データベース名の一覧を表示してみます。

SELECT Name from sys.Databases;
GO


終了する時は、「QUIT」を実行してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション