kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

adobe-flashpluginパッケージに対応

今まで「Vivaldi」の「Adobe Flashプラグイン」は、「pepperflashplugin-nonfree」パッケージに頼っていました。

「Vivaldi 1.4.589.41」では、「Ubuntu」で推奨されている「adobe-flashplugin」パッケージの「Adobe Flashプラグイン」を利用するようになりました。




Linux向けVivaldi 1.4のアップデートでは、Adobe Pepper (PPAPI)プラグインの検索方法を変更した。
この更新はLinuxユーザー向けの更新である。

adobe-flashpluginパッケージのインストール方法

「adobe-flashplugin」パッケージのインストール方法は、以下を参考にしてください。


「Vivaldi」で現在使用している「Adobe Flashプラグイン」の情報を確認するには、「ツール」メニューを開き「プラグイン」をクリックします。

以下のように「Adobe Flash Player」にプラグインの配置場所やバーションが表示されます。


「場所」が「/usr/lib/adobe-flashplugin/libpepflashplayer.so」になっていれば、「adobe-flashplugin」パッケージ由来の「Adobe Flashプラグイン」を利用しています。

Google ChromeのAdobe Flashプラグインも利用可能

もし「Google Chrome」がインストールされていれば、「Vivaldi」は「Google Chrome」の「Adobe Flashプラグイン」を優先的に使用します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション