kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

GTK+3版Xfceを試してみるには

現在「Xubuntu」のデスクトップ環境は、GTK+2版の「Xfce」を採用しています。
将来リリースされる「Xubuntu」では、GTK+3版の「Xfce」を採用する予定です。


 Xubuntu開発チームでは、「”Xubuntu Developers” team - Xfce GTK+ 3 PPA」にて
「Xubuntu 16.10」向けに開発版の GTK+3版「Xfce」を提供しています。

開発版というのは、安定版ではないと言う意味です。
α版やβ版だと思えばよいです。

注意

開発版であるため、何かしらトラブルする可能性があります。
安定した環境を期待する人は、GTK+3版「Xfce」の利用を避けたほうが良いでしょう。

1.PPAの追加

以下の「PPA」を追加します。
すでにこの「PPA」を追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:xubuntu-dev/xfce4-gtk3


2.ソフトウェアの更新

「ソフトウェアの更新」を起動し、ソフトウェアをアップデートします。


3.ログインし直す

アップデートが完了したら、ログインし直すかPCを再起動します。
以上で完了です。


特に見た目は変わっていません。

GTK+2版のXfceに戻すには

GTK+2版の「Xfce」に戻す方法です。

1.ppa-purgeのインストール

「ターミナルエミュレーター」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo apt install ppa-purge


2.PPAのパージ

次に以下のコマンドを実行し、PPAをパージします。

sudo ppa-purge ppa:xubuntu-dev/xfce4-gtk3

以下のようにパージ確認が行われるので、エンターキーを押します。


3.PPAのパージ完了

以下のように、PPAのパージが完了します。


後はログインし直すかPCを再起動します。
以上で完了です。


関連記事一覧
オプション