kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Build 15025の変更点

2017年2月2日にリリースされた「Build 15025」の「WSL」に関する変更点です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の追加や改善

「Build 15025」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない機能の改善も行われています。

1.eventfd2システムコールの改善

「eventfd2」システムコールにて、「EFD_SEMAPHORE」フラグが実装されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


2./proc/[pid]/net/ipv6_routeの実装

「/proc/[pid]/net/ipv6_route」が実装されました。


これにより改善する問題は、以下を参照してください。


3.Signal-driven I/Oのサポート

UNIXストリームソケットにてSignal-driven I/Oがサポートされました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


4.recvmmsgシステムコールのサポート

「recvmmsg」システムコールが実装されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。



5./proc/version_signatureの実装

「/proc/version_signature」が実装されました。


6.DrvFSのパフォーマンス改善

DrvFS」のパフォーマンスが改善されました。


不具合の修正

「Build 15025」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない不具合の修正も行われています。

1.grep 2.27が動作しない問題を修正

grep 2.27が動作しない問題が修正されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


2.epoll_waitの不具合修正

「epoll_wait」が待機しない問題が修正されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


3.teeシステムコールの修正

指定された両ファイルディスクリプターが同じパイプを指している時、エラーを返すように修正されました。

4.SO_PEERCRED利用時の動作修正

UNIXソケットにて「SO_PEERCRED」を利用時に正しい動作を行うように修正されました。

5.tkillの不正なパラメーター指定時の動作修正

「tkill」システムコールの不正なパラメーター検出処理が修正されました。

6.Ruby I/Oブロッキングの修正

Ruby I/Oブロッキングに関するちょっとした問題が修正されました。

7.recvmsgの修正

「recvmsg」でinetソケットに「MSG_DONTWAIT」フラグを利用した時、「EINVAL」エラーを返すように修正されました。


システムコール

「Build 15025」で行われたシステムコールに関する変更です。
以下のシステムコールが新たにサポートされました。

  • recvmmsg

 すべてのパラメーターとの組み合わせが現時点でサポートされているとは限りません。

システムコールの実装状況

システムコールの実装状況は、以下のようになっています。


Linux Test Projectのテスト結果

「Linux Test Project(LTP)」は、「Linux Kernel」やカーネルに関連した機能の信頼性、頑健性、安定性のテストを行うテストスイートを開発しているプロジェクトです。

「WSL」は「Linux Kernel」相当の機能を提供するソフトウェアであり、「Linux Test Project」で「WSL」のテストを行った結果が公開されています。

  • テストに合格した項目数:732(前回:714)
  • テストに失敗した項目数:255(前回:249)

テスト結果

「LTP」のテスト結果は、以下で参照できます。



関連記事一覧
オプション