kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntuソフトウェアがsnap URIに対応

現在snap URIに対応した「Ubuntuソフトウェア(GNOMEソフトウェア)」のアップデートが提供されています。


アプリの検索作業が必要なくなる

このアップデートでは、snap URIを利用したSnapアプリケーションのインストールが可能になっており、snap URIを提供しているWebサイトから簡単にSnapアプリケーションをインストールできるようになりました。

ユーザーはWebサイトで紹介されているアプリを「Ubuntuソフトウェア」から検索しなくても、リンクをクリックするだけで「Ubuntuソフトウェア」がそのアプリを検索し、アプリの操作画面を表示してくれます。

インストール自体は自動的に行われない

インストール自体は自動的には行われません。
「Ubuntuソフトウェア」はアプリの操作画面を表示するだけです。
この画面からインストール等の操作を行います。

どのような動作か見てみる

「Ubuntuソフトウェア」では、同様の機能をsnapだけでなくdebにも提供しています。
ここではこの機能がどのように動作するのかを紹介します。

例としてsnap版とdeb版両方のパッケージで提供している「Krita」を利用して動作を見てみます。
ちなみに「Krita」は高機能な画像編集アプリです。


deb版Kurita

まずdeb版の「Krita」です。
以下のボタンをクリックしてみてください。


1.起動するプログラムの選択

以下の画面が表示されるので、「ubuntu-software」を選択して「リンクを開く」ボタンをクリックします。


2.Ubuntuソフトウェアの起動

「Ubuntuソフトウェア」が起動し、「Krita」の操作画面が表示されます。


「インストール」ボタンをクリックすれば、deb版「Krita」がインストールされます。

デフォルトではAptURLのみ登録されている

プログラム選択画面では、デフォルトでは「AptURL」のみ登録されています。


「AptURL」でも以下のようにアプリのインストールが可能です。


「Ubuntuソフトウェア」でリンクを開くには、「選択」ボタンをクリックし「/usr/bin/ubuntu-software」を追加してください。

snap版Kurita

次はsnap版の「Krita」です。
以下のボタンをクリックしてみてください。


1.起動するプログラムの選択

以下の画面が表示されるので、「Ubuntu Software」を選択して「リンクを開く」ボタンをクリックします。


2.Ubuntuソフトウェアの起動

「Ubuntuソフトウェア」が起動し、「Krita」の操作画面が表示されます。


「インストール」ボタンをクリックすれば、snap版「Krita」がインストールされます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション