kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

不具合により、X.Org Server 1.19がリリースに間に合わないかもしれない

以前紹介した通り「Ubuntu 17.04」では、「X.Org Server 1.19」が採用される予定です。


「X.Org Server 1.19」では、ハイブリッド環境でティアリングを軽減するPRIME synchronizationのサポートや、OpenGL上で2Dアクセラレーションを行うGLAMORの改善、及びThreaded Inputのサポートが行われています。

X.Org Server 1.19はまだ採用されていない

2017年3月23日に「Ubuntu 17.04 最終β」がリリースされましたが、現在「Ubuntu 17.04」で採用されている「X.Org Server」は、「X.Org Server 1.18.4」です。



「X.Org Server 1.18.4」は「Ubuntu 16.10」で採用されている「X.Org Server」と同じバージョンです。

致命的な不具合

「X.Org Server 1.19」のテストにて、描画が正常に行われなかったり、ローグラフィックモードになってしまう問題や、マウスやキーボードの入力が正常に行われない問題が見つかり、「Ubuntu 17.04 最終β」のリリースには間に合いませんでした。

現在「X.Org Server 1.19」は、マイナーアップデートした「X.Org Server 1.19.3」を元にテストが行われていますが、まだリリースできる状況ではありません。


もしかしたら間に合わないかも

「X.Org Server 1.19」が「Ubuntu 17.04」のリリースに間に合わない可能性が出てきました。

Mesaは予定通り

一方「Mesa」は予定通り、マイナーアップデートした「Mesa 17.0.2」が採用されています。


関連記事一覧
オプション