kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 17.04最終βの新機能と変更点

リリースノートから「Ubuntu Desktop」に関する「Ubuntu 17.04最終β」の新機能と変更点を紹介します。


リリースノートは、以下を参照してください。


注意

「Ubuntu 17.04」は最終βであり、正式リリースではありません。
リリースノートには「Ubuntu 17.04」へのアップグレード方法が記述されていますが、不用意に「Ubuntu 17.04」にアップグレードしないでください。

最終βはテスト目的でリリースされています。
そのため何かトラブルが発生しても自分で対処できる人向けです。

「Ubuntu 17.04」は、2017年4月13日にリリースされる予定です。

1.サポート期間は9ヶ月

「Ubuntu 17.04」は通常リリースとなるため、サポート期間は9ヶ月になります。
従って2018年1月までサポートが提供されます。

一方「Ubuntu 16.04」はLTSリリースであるため、5年間の長期サポートが提供されます。
長いサポート期間や安定性を重視する人は、「Ubuntu 16.04」を利用すると良いでしょう。

2.デフォルトのDNSリゾルバーの変更

デフォルトのDNSリゾルバーが「systemd-resolved」に変更されました。

デスクトップユーザーはいつも通りに「システム設定」>「ネットワーク」からネットワークの設定を行えばよいです。


3.スワップファイルの採用

従来はスワップパーティションにスワップ領域を確保していましたが、これからはスワップファイルにスワップ領域が確保されるようになります。

スワップファイルは、「/swapfile」に作成されます。



スワップファイルについては、以下を参照してください。


すでにスワップ領域をスワップパーティションに確保している場合、スワップファイルへ移行することも可能です。
移行方法は以下を参考にしてください。


4.Linux Kernel 4.10採用 

「Linux Kernel 4.10」を採用しています。


5.Mesa/Xサーバー

「Mesa」は2017年3月20日にリリースされた「Mesa 17.0.2」が採用されています。


Xサーバーは「1.18.4」を採用しています。


6.ドライバーがなくてもプリンターから印刷可能に

ドライバーがなくてもプリンターから印刷可能になにりました。
ただしプリンター側のサポートが必要になります。


7.gconfがデフォルトのインストールから外された

「gconf」がデフォルトでインストールされなくなりました。
「gconf」はアプリケーションが自身の設定を保存するための仕組みです。

現在は「gconf」を置き換える「GSettings」が主流であり、デフォルトでインストールされるアプリケーションは「GSettings」を利用します。(バックエンドは「dconf」)

そのため今まで「gconf」を利用していたアプリケーションの設定は、デフォルト値にリセットされます。

デフォルトでインストールされる「Aisleriot(カードゲーム)」の成績等の情報はリセットされます。


gconfは引き続き利用可能

「gconf」はデフォルトでインストールされなくなっただけで、引き続きインストールして利用することは可能です。
そのため「gconf」に依存しているアプリケーションも、引き続き利用できます。

8.LibreOffice 5.3 

「LibreOffice 5.3」が採用されています。


「LibreOffice 5.3」の変更点は、以下を参照してください。


9.カレンダーが週単位の予定を表示可能に

カレンダーが週単位で予定を表示できるようになりました。



10.GNOME 3.24

「GNOME 3.24」が採用されています。
ただし以下のGNOMEアプリケーションは、異なるバージョンが採用されています。

アプリケーション バージョン 備考
Nautilus 3.20 ファイルマネージャー
端末 3.20 ターミナルエミュレーター
Evolution 3.22 グループウェアスィート
GNOMEソフトウェア 3.22 アプリケーション管理

既知の問題 

既知の問題です。

1.自動的にパッケージがアップデートされる

「Ubuntu 17.04」が正式リリースされるまで、すべてのパッケージがバックグラウンドで自動的にアップデートされます。



2.VPNの接続に失敗する

「OpenVPN 2.4」で「--tls-remote 」オプションが削除されたため、このオプションを利用した既存のセットアップは動作しません。
代わりに「--verify-x509-name」オプションを使用して設定を更新してください。


3.Nautilusでファイルのサムネイルが生成されない

新規作成された画像ファイルのサムネイルが生成されません。


4.gstreamerコーデックのインストール支援が機能しない

不足しているgstreamerコーデックをインストールする機能が動作しません。


5.debファイルをUbuntuソフトウェアからインストールできない

サードパーティーが提供するdebファイルによっては、Ubuntuソフトウェアからインストールできません。(インストールに失敗します。)



6.Unity 8でスクリーンショットを取るとフリーズする

Unity 8でスクリーンショットを取ると時々フリーズします。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション