kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu GNOME 17.04最終βの新機能と変更点

リリースノートから「Ubuntu GNOME 17.04最終β」の新機能と変更点を紹介します。


リリースノートは、以下を参照してください。


注意

「Ubuntu GNOME 17.04」は最終βであり、正式リリースではありません。
リリースノートには「Ubuntu GNOME 17.04」へのアップグレード方法が記述されていますが、不用意に「Ubuntu GNOME 17.04」にアップグレードしないでください。

最終βはテスト目的でリリースされています。
そのため何かトラブルが発生しても自分で対処できる人向けです。

「Ubuntu GNOME 17.04」は、2017年4月13日にリリースされる予定です。

1.サポート期間は9ヶ月

「Ubuntu GNOME 17.04」は通常リリースとなるため、サポート期間は9ヶ月になります。
従って2018年1月までサポートが提供されます。

一方「Ubuntu GNOME 16.04」はLTSリリースであるため、3年間の長期サポートが提供されます。
長いサポート期間や安定性を重視する人は、「Ubuntu GNOME 16.04」を利用すると良いでしょう。

2.GNOME 3.24採用

デスクトップ環境に「GNOME 3.24」を採用しています。



「Ubuntu GNOME 16.10」では「GNOME 3.20」を採用していたため、2回メジャーバージョンアップしています。
それぞれのバージョンでの変更点は、以下を参照してください。


ただし以下のGNOMEアプリケーションは、異なるバージョンが採用されています。

アプリケーション バージョン 備考
Nautilus 3.20 ファイルマネージャー
端末 3.20 ターミナルエミュレーター
Evolution 3.22 グループウェアスィート
GNOMEソフトウェア 3.22 アプリケーション管理

これはソフトウェアの安定性を優先したり、新しいバージョンに致命的な不具合が見つかったためです。


3.GNOMEソフトウェアがFlatpakをサポート

アプリケーション管理を行う「GNOMEソフトウェア」が「Flatpak」をサポートしました。


「Flatpak」は「Snap」に類似した仕組みです。
「Ubuntu GNOME 17.04」では「Flatpak 0.8」がデフォルトでインストールされます。
また「Snap」もデフォルトでインストールされており、どちらのパッケージも利用することができます。

4.GNOMEシェル拡張機能を簡単にインストールできるようになった

「chrome-gnome-shell」がデフォルトでインストールされ、GNOMEシェル拡張機能をブラウザーから簡単にインストール(管理)できるようになりました。


「chrome-gnome-shell」はブラウザーに必要なアドオンのインストールを支援します。

5.trackerのサンドボックス化

ファイルのメタデータをデータベース化し、ファイル検索時にメタデータを利用した検索を行えるようにする「tracker」がサンドボックス化され、セキュリティーが向上しました。

6.デフォルトのインストールから外されたアプリケーション

以下のアプリケーションは、デフォルトでインストールされなくなりました。

  • brasero(CD/DVDの作成)
  • evolution(グループウェア)
  • seahorse(GPGやSSH鍵の作成や管理)
  • xdiagnose(システムの診断ツール)

必要ならユーザーは後から上記のアプリケーションをインストールできます。
以前のバージョンから「Ubuntu GNOME 17.04」へアップグレードした場合は、この影響を受けません。

7.gnome-icon-themeがインストールされなくなった

アイコンテーマである「gnome-icon-theme」がデフォルトでインストールされなくなりました。
モダンなアプリケーションが使用するデフォルトのアイコンは、2年前から「Adwaita」アイコンテーマから提供されており、「gnome-icon-theme」がデフォルトのインストールから外されました。

古いアプリケーションの中には「gnome-icon-theme」が提供するアイコンに依存しているものもあり、もし古いアプリケーションでアイコンが正常に表示されない場合は、「gnome-icon-theme」パッケージをインストールしてください。

8.gconfがデフォルトのインストールから外された

「gconf」がデフォルトでインストールされなくなりました。
「gconf」はアプリケーションが自身の設定を保存するための仕組みです。

現在は「gconf」を置き換える「GSettings」が主流であり、デフォルトでインストールされるアプリケーションは「GSettings」を利用します。(バックエンドは「dconf」)

そのため今まで「gconf」を利用していたアプリケーションの設定は、デフォルト値にリセットされます。

デフォルトでインストールされる「Aisleriot(カードゲーム)」の成績等の情報はリセットされます。

9.GNOMEレシピが利用可能に

新しい「GNOMEレシピ」が利用可能になりました。


デフォルトではインストールされていませんが、「GNOMEソフトウェア」からインストール可能です。


10.waylandが利用可能に

デフォルトで「wayland」セッションが利用できるようになっています。
PCが「wayland」に対応したGPUを搭載しており、かつ「wayland」に対応したドライバーが利用できる場合、「wayland」セッションを利用できます。

「wayland」セッションは、ログイン画面から切り替えられます。

ただし「wayland」セッションは試験的な導入であり、安定した環境を提供するものではありません。

既知の問題

既知の問題です。

1.JavaScript エンジンの変更

JavaScriptエンジンに「SpiderMonkey 38」を使用しています。
このエンジンは構文解析が厳密になっており、GNOMEシェル拡張によっては修正が求められます。

2.ユーザーのプロファイル画像が設定できない

ユーザーのプロファイル画像に任意の画像が設定できません。

3.外付けGPUでアプリを起動する機能が利用できない

外付けGPU(内蔵GPUではないGPU)を有効にしてアプリを起動する機能(Launch using Dedicated Graphics Card)は、「switcheroo-control」がないため現状は利用できません。


4.GNOMEソフトウェアからパッケージをインストールできない

「GNOMEソフトウェア」からdebパッケージファイルやflatpakrefファイルをインストールすることができません。


5.地域と言語から言語をインストールできない

地域と言語から言語をインストールできません。


6.初期設定画面から設定したキーボードレイアウトはログインし直すまで反映されない

初期設定画面(gnome-initial-setup)から設定したキーボードレイアウトはログインし直すまで反映されません。
代わりにインジケーターからキーボードレイアウトを変更すると良いでしょう。

また初期設定から言語設定を変更することはできません。


7.インストール完了後に継続利用や再起動を促す画面が表示されない

インストール完了後に継続利用や再起動を促す画面が表示されないケースがあります。


8.その他の変更や既知の不具合

「Linux Kernel」などデスクトップ環境に依存しない変更点や不具合は、以下を参照してください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション