kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Kubuntu 17.04最終βの新機能と変更点

リリースノートから「Kubuntu 17.04最終β」の新機能と変更点を紹介します。


リリースノートは、以下を参照してください。


注意

「Kubuntu 17.04」は最終βであり、正式リリースではありません。
リリースノートには「Kubuntu 17.04」へのアップグレード方法が記述されていますが、不用意に「Kubuntu 17.04」にアップグレードしないでください。

最終βはテスト目的でリリースされています。
そのため何かトラブルが発生しても自分で対処できる人向けです。

「Kubuntu 17.04」は、2017年4月13日にリリースされる予定です。

1.サポート期間は9ヶ月

「Kubuntu 17.04」は通常リリースとなるため、サポート期間は9ヶ月になります。
従って2018年1月までサポートが提供されます。

一方「Kubuntu 16.04」はLTSリリースであるため、3年間の長期サポートが提供されます。
長いサポート期間や安定性を重視する人は、「Kubuntu 16.04」を利用すると良いでしょう。

2.デスクトップ環境にPlasma 5.9.4採用

デスクトップ環境は、2017年3月21日にリリースされた「Plasma 5.9.4」採用しています。


「Plasma 5.9」は「Plasma 5」シリーズの9番目のアップデートリリースです。
「Plasma 5」になってからデザインが一新され、また全体的に軽量になりました。
また「Plasma 5.9.4」は、「Plasma 5.9」の4番目のバグ修正リリースです。

スクリーンショット

「Shift+PrintScreen」でスクリーンショットを取るとスクリーンショットのプレビューを通知で表示し、 プレビューから他のアプリへスクリーンショットのファイルをドラッグ&ドロップできるようになりました。


グローバルメニュー

「Unity」のようなグローバルメニューが利用できるようになりました。
またアプリのメニューをウィンドウのアイコンから表示することも可能です。


アプリの切り替え

「Super」キー(Windowsキーのこと)+数値キーでアプリの切り替えが行えるようになりました。

新機能の紹介動画

他にも様々な改善が行われています。
変更点は以下の動画を参照ください。


テーマの設定方法も改善されています。


3.KDE Applications 16.12.3の採用

デフォルトでインストールされているアプリケーション群は、2017年3月9日にリリースされた「KDE Applications 16.12.3」を採用しています。



ただしPIM及びPIM関連のソフトウェアは例外です。

4.KDE Frameworks 5.31採用

KDEのアプリケーションやデスクトップを支える「KDE Frameworks」は、2017年2月11日にリリースされた「KDE Frameworks 5.31」を採用しています。


多くのアプリケーションは「KDE Frameworks 5」に移植されていますが、アプリによっては十分に「KDE Frameworks 5」環境に統合されていません。

5.その他のアップデート

  • CalligraオフィススィートはQt/KF5 3.0.0.1へアップデートされました。
  • Kritaは最新のバグ修正リリース版を利用可能です。
  • K3Bは次期リリース予定のスナップショット版Qt5/KF5を採用しています。
  • 統合開発環境であるKDevelopは、KDevelop 5.0シリーズの最新版であるKDevelop 5.0.4を利用できます。


既知の問題

既知の問題です。

1.Firefox 52以降でスクロールバーの幅が大きくなる

Firefox 52以降でスクロールバーの幅がBreeze外とする幅より大きくなります。


2.OEM Config実行後、画面がブランクになる

OEM Config(OEMセットアップ)実行後、画面がブランクになりデスクトップ画面が表示されません。


3.Driver Managerが情報収集画面から先に進まない

「Driver Manager」が情報収集画面から先に進みません。


「Driver Manager」実行前に「端末」から「sudo update-apt-xapian-index」コマンドを実行するか、「Muon」を起動してください。

4.以前からあるその他のバグ


「Kubuntu 17.04」より前に報告されている不具合です。


5.その他の変更や既知の不具合

「Linux Kernel」などデスクトップ環境に依存しない変更点や不具合は、以下を参照してください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション