kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Xubuntu 17.04最終βの新機能と変更点

リリースノートから「Xubuntu 17.04最終β」の新機能と変更点を紹介します。


壁紙やスプラッシュスクリーンがシャープなデザインになり、格好良くなりました。
「Xubuntu 17.04」では大きな変更や新機能はありませんが、既存機能の改善が行われ使い勝手の良さが向上しました。
また不具合の修正も行われています。

リリースノートは、以下を参照してください。


注意

「Xubuntu 17.04」は最終βであり、正式リリースではありません。
最終βはテスト目的でリリースされています。
そのため何かトラブルが発生しても自分で対処できる人向けです。

「Xubuntu 17.04」は、2017年4月13日にリリースされる予定です。

1.サポート期間は9ヶ月

「Xubuntu 17.04」は通常リリースとなるため、サポート期間は9ヶ月になります。
従って2018年1月までサポートが提供されます。

一方「Xubuntu 16.04」はLTSリリースであるため、3年間の長期サポートが提供されます。
長いサポート期間や安定性を重視する人は、「Xubuntu 16.04」を利用すると良いでしょう。

2.Thunar 1.6.11採用

デフォルトのファイルマネージャーに「Thunar 1.6.11」を採用しています。


ファイル名の変更時やファイルのコピー時にクラッシュする不具合が修正されています。

3.新しいテンプレートのサポート

以下のテンプレートが新たに追加されました。

  • OpenDocument Writer
  • OpenDocument Spreadsheet

4.タスクマネージャー

タスクマネージャーでは、アプリのウィンドウから該当するプロセスを選択できるようになりました。


5.通知

通知を表示するアプリケーションの設定など通知機能が改善されました。


既知の問題

すでに明らかになっている不具合や問題です。

1.Paroleがクラッシュする

デフォルトのメディアプレーヤーである「Parole」で、メディアのシーク中にクラッシュする問題があります。


この問題は32bit版の「Parole」で発生する問題です。

2.その他の変更や既知の不具合

「Linux Kernel」などデスクトップ環境に依存しない変更点や不具合は、以下を参照してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション