kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

2017年4月にSnapパッケージになったアプリ10選

2017年4月にSnapパッケージになった10のアプリの紹介です。



Snapパッケージ

Snapパッケージは、従来のパッケージフォーマットである「deb」や「rpm」等に代わる新しいパッケージフォーマットです。

Snapパッケージが利用できるOSは「Ubuntu」だけでなく、「Debian」「Fedora」「Arch Linux」「openSUSE」など、様々なOSで利用できます。

Snapパッケージは隔離された環境にソフトウェアを配置するため、他のソフトウェアや既存のシステムに影響を与えることなくソフトウェアのインストールや利用が可能です。
また、もしソフトウェアで不具合などの問題が発生すれば、以前のバージョンにロールバックする機能も備えています。

SnapパッケージはLinuxのソフトウェアをパッケージ化するための次世代のパッケージフォーマットです。

1.Terraform

Terraform」は、インフラを安全にそして効果的に構築、変更、及びバージョニングするソフトウェアです。
既存の有名なサービスプロバイダーや社内のカスタムソリューションを管理できます。



2.Packer

Packer」は、様々な種類のマシンイメージを簡単に、そして自動化して構築できるソフトウェアです。



3.Cloudtag

Cloudtag」は簡単にファイルを共有するソフトウェアです。



4.Grok

Grok」は、構造化されていないログデータを解析し、構造化されたデータ及びクエリー可能なデータを構築するツールです。



5.LBRY

LBRY」は、コンテンツの共有及び公開を行うソフトウェアです。



6.rawpty

rawpty」は、SSH経由のraw pty上でコマンドを実行するソフトウェアです。



7.Corebird

Corebird」は、軽量なTwitterクライアントです。



8.Vestin

Vestin」は、複利計算などを行うファイナンスアプリです。



9.ghostwriter

ghostwriter」は、マークダウン向けテキストエディターです。



10.Deepin Voice Recorder

「Deepin Voice Recorder」は、「deepin」で採用されている録音アプリです。




関連記事一覧
オプション