kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Plasma Discoverからアップデートしよう

「KDE neon」の公式ブログにて、パッケージのアップデートは「apt」コマンドではなく、「Plasma Discover」からアップデートする方法を推奨しています。



「KDE neon」は、最新のKDE環境を提供するOSです。
特に開発者向けに提供されている「Developer Edition」では、頻繁にパッケージのアップデートが提供されます。

「Developer Edition」だけでなく「User Edition」でもそうですが、新しいバージョンのKDE環境が提供される際、ユーザーは何かしらの方法でパッケージ群をアップデートする必要があります。

パッケージ構成が変わる

KDEが環境がメジャーアップデートした時など、アップデートの状況によってはパッケージ構成が変わることがあります。

この時、ユーザーが「apt」コマンドを利用して端末からパッケージを行う場合、パッケージ構成の変更含めてアップデートを行う必要があります。

すべてのアップデートが適用されない?

しかし「apt」コマンドの使い方によっては、すべてのアップデートが適用されないケースがあります。

これは「apt」コマンドの不具合ではなく、ユーザーの「apt」コマンドの使い方の問題です。
この背景には、「apt」コマンドの表現上のややこしさがあるでしょう。

ユーザーが混乱する

ユーザーの中には「apt」コマンドの使い方に不慣れなユーザーがおり、「apt upgrade」を実行すればすべてのパッケージがアップデートされると期待するユーザーがいます。

しかし残念ながらこの方法では、すべてのパッケージがアップデートされるとは限りません。
パッケージ構成が変わる場合、ユーザーが期待する結果とは異なる結果になります。

Plasma Discoverからアップデートしよう

そこで公式ブログでは、パッケージのアップデートを「Plasma Discover」からアップデートする方法を推奨しています。


「Plasma Discover」はGUIのアプリですし、操作方法で困ることはないでしょう。
システムトレイのUpdatesアイコンから、「Plasma Discover」を呼び出すことも可能です。


コマンドからパッケージをアップデートしたい場合は

コマンド(CUI)を利用してパッケージのアップデートを行いたい場合は、以下のコマンドを1行ずつ実行します。

pkcon refresh
pkcon update

この方法は、「Plasma Discover」からアップデートした結果と同じ結果になります。
「pkcon」コマンドは、PackageKitのコンソールクライアントコマンドです。



ただ一部変わった日本語訳が含まれているため、ちょっと分かりにくい部分があるかもしれません。

(Proceed with changes?/変更したまま継続しますか? )

コマンドの頭に「LANG=C 」を付けて実行すれば、英語で表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション