kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Lubuntuニュースレター

「Lubuntu」開発チームは、ニュースレターで「Lubuntu」の開発状況や取り組みを紹介しています。



Lubuntu 17.10のサポート期間終了日

Ubuntu 17.10」でも紹介しましたが、「Lubuntu 17.10」のサポート期間が2018年7月19日に終了します。

サポート期間終了後「Lubuntu 17.10」向けにセキュリティーアップデート等のアップデートは提供されなくなります。
サポート期間が終了する前に「Lubuntu 18.04 LTS」へアップグレードしてください。

Lubuntu 18.10

「Lubuntu 18.10」に関する内容です。

1.nm-tray 0.4.0

「nm-tray 0.4.0」が「Cosmic(18.10)」向けにアップロードされました。


2.LXQt 0.13.0

「LXQt 0.13.0」がリリースされ、「Lubuntu 18.10」で採用されました。


3.Calamares settings

「Calamares settings」が修正され、「UEFI」で動作するシステムやネットワーク接続がないシステムで「Lubuntu 18.10」をインストールできるようになりました。


4.リリース及び開発スケジュール

「Lubuntu 18.10」のリリース及び開発スケジュール は、以下で参照できます。


2018年8月23日に「Feature Freeze」を迎えるため、この日に主要な機能が揃う予定です。
2018年9月27日に「Lubuntu 18.10 β版」がリリースされる予定です。
そして2018年10月18日に「Lubuntu 18.10」がリリースされる予定です。

5.その他の作業

「Lubuntu 18.10」の品質を向上させる作業が日々行われています。
フィードバックはいつでも歓迎しています。

Lubuntu

「Lubuntu」全体に関する内容です。

1.GitHubからLaunchpad及びPhabricatorへ完全移行

「Lubuntu」は現在、「Phabricator instance」上で様々なGitリポジトリーのミラーやホストを行っています。
そして「Phabricator instance」は「Altispeed Technologies」によってホストされています。

新しいコミットや新しいタスクコメントの通知を受け取れるよう、IRC通知ボットや「Lugito」の調整作業が行われました。
この作業自体は既存のインフラの有用性を高めるための作業ですが、開発チームの最終的な目標は、「Microsoft」に買収された「GitHub」から段階的に撤退し、開発プロセスを「Launchpad」及び「Phabricator」へ完全に移行することです。

最終的にすべてのGitリポジトリーは、「Phabricator」からアクセスできるようになる予定です。
また「Launchpad」でホストされているリポジトリーは、ミラーとして活用される予定です。

2.Lubuntuの商用サポート

開発チームは、既存のサポートを超えるサポートを必要とするユーザーや法人に商用サポートを提供するため、「Altispeed Technologies」と連携し、商用サポート提供に向けた作業を行っています。
商用サポートの体制が整い次第、商用サポートに関するより詳細な情報が提供される予定です。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション