kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 16.04ユーザーから見たUbuntu 18.04の主な新機能の紹介

「Ubuntu 16.04」ユーザーから見た「Ubuntu 18.04」の主な新機能の紹介です。



また以下も併せて参照してください。


「Ubuntu 18.04.1」のリリース情報とディスクイメージのダウンロード方法は、以下を参照してください。


1.デスクトップ環境の移行

デスクトップ環境が「Unity」から「GNOME」に変更されました。
「Ubuntu」が提供する「GNOME」環境は、アップストリームの「GNOME」に少し手が加えられています。
これはデスクトップ環境の変更により既存のユーザーが混乱しないように、そして「GNOME」への移行を容易に行えるようにするためです。

例えば「Ubuntu Dock」がデフォルトで採用されており、画面の左側にアプリのランチャーが配置されています。
またテーマは、従来通り「Ubuntu」らしさを感じる馴染み深いテーマを採用しています。

Unityは削除されない

「Ubuntu 16.04」から「Ubuntu 18.04」へアップグレードすると、「Unity」は削除されずインストールされたままになります。
その場合、ログイン画面から利用するデスクトップ環境を選択できます。



2.初期セットアップ

初回ログイン時に初期セットアップが実行されます。


初期セットアップでは、「Linux kernel」のライブパッチサービスの設定やインストール情報の送信可否など、すべてのユーザーに推奨する初期設定や新機能の簡単な紹介を行います。

詳細は以下を参照してください。


3.Yaru(Communitheme)

「Ubuntu 18.10」からテーマが「Yaru」に変わります。
「Ubuntu 18.04」でもこの新しいテーマをインストールすることができます。


「Yaru」の詳細やインストール方法は、以下を参照してください。


4.キャプティブポータル

WiFiスポットなど公衆無線LANに接続する際、ユーザーの認証が必要なるケースがあります。
「Ubuntu 18.04」ではこのようなキャプティブポータルの仕組みをサポートしており、公衆無線LAN接続時に自動的にユーザーの認証を行う画面を表示します。


5.夜間モード

夜間にブルーライトを軽減し、目への負担を抑える夜間モードを利用できます。


夜間モードの詳細は、以下を参照してください。


6.カラー絵文字

「Ubuntu 18.04」では、デフォルトでカラー絵文字が利用できます。


多くのアプリでカラー絵文字を利用できます。


8.XDG Desktop Portal

「Ubuntu 18.04」では、「XDG Desktop Portal」がサポートされています。
「XDG Desktop Portal」は、アプリがアクセス可能なファイルやデバイスを制限し、サンドボックス化された環境を提供します。


9.Thunderboltのサポート

「Ubuntu 18.04」では、「Thunderbolt」デバイスの認証がサポートされています。
「設定」から「Thunderbolt」デバイスの一覧表示や、デバイスの認証管理を行うことができます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション