kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Lubuntu

  LubuntuはUbuntuのフレーバーの1つです。
  Lubuntuは、デスクトップ環境にLXDEを採用しています。


Lubuntuを利用する前に

  Lubuntuを利用する前に、LubuntuをインストールしようとしているPCがLubuntuを利用できるかどうか調べる必要があります。



  調べる内容は、Ubuntuと同じです。
  「Ubuntu 14.04を利用する前に・Ubuntu 14.04が動作するPCについて・ CPUがPAEに対応しているか調べるには」を参考にしてください。

  ただし、Ubuntuと異なり軽量なデスクトップ環境ですから、メモリーの使用量は少なくて済みます。
  またOpenGLに関する記述も読み飛ばしてよいです。
  ハードウェア要件が大きく下がります。

  Xubuntuよりもさらに軽量です。

  Xubuntuでは動作が重い場合、Lubuntuを利用するとよいでしょう。
  PCの性能は良いが、とにかくOSは軽いほうが良い、という人にもオススメです。

  Windows XPがプリインストールされたPCや、Windows VistaがプリインストールされているがAeroを満足に利用できないPCにも向いています。

ライブメディアの作成する

  Lubuntuを試用するには、DVDやUSBメモリーのライブメディアを作成する必要があります。


  ライブメディアの作成方法は、Ubuntuと同じです。
  ライブメディアの作成方法は、以下を参考にしてください。

  1. ライブメディアの作成について・メディアの準備や注意事項・Ubuntuでライブメディアを作成する
  2. WindowsでDVDのライブメディアを作成する
  3. WindowsでUSBメモリーのライブメディアを作成する

  ダウンロードするディスクイメージは、Ubuntu 14.04のディスクイメージではなく、Lubuntu 14.04のディスクイメージをダウンロードしてください。
  Lubuntu 14.04のディスクイメージのダウンロードも、リンク先を参考にしてください。

ライブメディアからLubuntuを起動する

  ライブメディアからLubuntuを起動する方法は、Ubuntuと同じです。


  「ライブメディアからUbuntuを起動する」を参考にしてください。

Lubuntuを試しに使ってみる

  ライブメディアからLubuntuを起動します。
  Lubuntuをインストールせずに、Lubuntuを試用することができます。

  1-1.UEFIの場合

    以下のメニュー画面が表示されます。
    「Try Lubuntu without installing」を選択し、「エンター」キーを押します。

    「Try Lubuntu without installing」はデフォルトで選択されているので、そのまま「エンター」キーを押しても良いです。


    UEFIの場合、「5.」に飛んでください。

  1-2.BIOSの場合

    LubuntuがBIOSで起動した場合、以下の言語選択画面が表示されます。


  2.日本語の選択

    カーソルキーで選択を日本語に合わせ、「エンター」キー押します。


  3.Lubuntuの試用

    以下の画面が表示されるので、「インストールせずにLubuntuを試してみる」を選択し、「エンターキー」を押します。

    「インストールせずにLubuntuを試してみる」はデフォルトで選択されているので、そのまま「エンター」キーを押しても良いです。



  4.デスクトップ画面

    以下のようにデスクトップ画面が表示されます。
 

  5.アプリの起動を行う

    左下のLubuntuアイコンをクリックすると、アプリの起動やいわゆるスタートメニューの表示を行うことができます。


    以下のようなアプリケーションメニューが表示されます。
    見ての通りWindowsのスタートメニューに似たような構成になっています。
    Windowsユーザーであれば、使い方はすぐ分かるかと思います。


アプリを起動する

  アプリの起動例です。
  いずれも、スタートメニューから起動します。

  Firefox

    「インターネット」を選択し、「Firefox ウェブ・ブラウザ」をクリックします。


    以下のように「Firefox」が起動します。


  ファイルマネージャー

    「アクセサリ」を選択し、「ファイルマネージャ PCManFM」をクリックします。    


    以下のようにファイルマネージャーである「PCManFM」が起動します。


  Lubuntuソフトウェアセンター

    アプリのインストールに利用する「Lubuntuソフトウェアセンター」の起動です。
    「システムツール」を選択し、「Lubuntuソフトウェアセンター」をクリックします。 


    以下のように「Lubuntuソフトウェアセンター」が起動します。


ネットワークの確認

  「Firefox」を起動し、インターネットに接続できるか確認しておきましょう。
    ネットワークの設定は、「Network Connections」から行います。

  1.Network Connectionsの起動

    「設定」を選択し、「Network Connections」をクリックします。    


  2.Network Connections

    以下のように「Network Connections」が起動します。
    内容はUbuntuと同じです。


ストレージの確認

  Lubuntuをインストールする場合は、「GParted」からインストール先のHDD等を確認しておくと良いでしょう。

  1.GPartedの起動

    「システムツール」を選択し、「GParted」をクリックします。    


  2.GParted

    「GParted」では、右上のメニューに現在認識されているHDDの一覧が表示されます。
    HDDを選択すれば、下にパーティションの情報が表示されます。








関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション