kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

スクリーンキーボードの動作設定を行う

  設定画面を開き、左側のリストから「キーボード」を選択し、「全般」のタブをクリックすると、スクリーンキーボードのキーを押した時の設定を行うことができます。


キー押下時のフィードバック

  スクリーンキーボードのキーを押した時の動作設定です。

  ラベルのポップアップの表示

    スクリーンキーボードのキーを押した時に、押したキーをポップアップで拡大表示します。


  サウンドの再生

    スクリーンキーボードのキーを押した時に、音を鳴らします。
    音量は、「システム設定」の「サウンド」から調整できます。

    以下の「音響効果」タブの「警告音の音量」で調整します。


クリーンキーボードの詳細設定

  設定画面を開き、左側のリストから「キーボード」を選択し、「詳細」のタブをクリックすると、スクリーンキーボードの詳細設定を行うことができます。


キーの挙動

  スクリーンキーボードのキーを押した時の動作設定です。

  長押ししたときのアクション

    スクリーンキーボードのキーを押しっぱなしにした時の動作を、以下のメニューから選択します。


    キーリピート

      実キーボード同様に、スクリーンキーボードのキーを押しっぱなしにしている間は、キーを連続で出力します。

    国際文字の選択

      スクリーンキーボードのキーを押しっぱなしにすると、以下のように国際文字をポップアップで表示し、国際文字を選択できるようにします。


  修飾キーの挙動

    修飾キーとは、「Ctrl」キーや「Alt」キーなど、他のキーと組み合わせて利用するキーのことです。
    修飾キー以外にも、キーセットの切り替えもこの設定が適用されます。

    修飾キーの動作を以下のメニューから選択します。


    ラッチとは

      ラッチとは、1度だけ修飾キーが押されている状態にすることです。
      ラッチ状態のキーは、以下のように押されている状態をグレーで表します。


      この状態で他のキーを押すと、ラッチ状態のキーは押されていない状態に戻ります。

    ロックとは

      ロックとは、常に修飾キーが押されている状態にすることです。


      この状態で他のキーを押しても、ロック状態のキーは押されてる状態になります。

    ラッチしてからロック

      押されていない修飾キーをクリックすると、ラッチ状態に移行します。
      さらにラッチ状態のキーをクリックすると、ロック状態になります。
      ロック状態のキーをクリックすると、押されていない状態に戻ります。

    ラッチしてからダブルクリックでロック

      押されていない修飾キーをクリックすると、ラッチ状態に移行します。
      さらにラッチ状態のキーをダブルクリックすると、ロック状態になります。
      ロック状態のキーをクリックすると、押されていない状態に戻ります。

    ラッチのみ

      押されていない修飾キーをクリックすると、ラッチ状態に移行します。
      ラッチ状態のキーをクリックすると、押されていない状態に戻ります。

      ロック状態にはなりません。

    ロックのみ

      押されていない修飾キーをクリックすると、ロック状態に移行します。
      ロック状態のキーをクリックすると、押されていない状態に戻ります。

      ラッチ状態にはなりません。

  修飾キーの自動リリース間隔

    ラッチ状態もしくはロック状態のキーは、ここで指定された時間が経過すると、押されていない状態に戻ります。
    単位は「秒」です。

    「0.0」を指定すると、この機能が無効になります。

入力オプション

  タッチスクリーンに関する設定を行います。

  タッチ入力

    タッチスクリーンからスクリーンキーボードを操作するときのタッチ設定を、以下のメニューから選択します。


    なし

      タッチ入力を無効にします。

    シングルタッチ

      シングルタッチを有効にします。

    マルチタッチ

      マルチタッチを有効にします。
      タッチスクリーンからスクリーンキーボード上の複数のキーを同時に押すことができます。

  入力イベントソース

    入力イベント(マウスのクリック)の処理方法を以下のメニューから選択します。

 
    基本的に「XInput」で良いです。
    スクリーンキーボードが反応しない時やアプリの動作がおかしい時は、設定を変更してみると良いでしょう。

 
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション