kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

行末の空白文字を削除する

  行末の空白文字を削除します。
  空白文字にはスペースだけでなく、タブ文字なども含まれます。

  1.ドキュメントのサンプル

    ここでは例として、以下のドキュメントを使用しました。
    空白文字を表示する設定にしています。


  2.行の選択

    行末の空白文字を削除する行を選択します。
    行を選択しなかった場合、文章全体が対象になります。


  3.空白文字の削除

    「編集」メニューを開き「Format」を選択し、表示されるサブメニューから「Fix line endings」をクリックします。


  4.空白文字の削除完了

    以下のように、行末の空白文字が削除されます。


タブ文字をスペースに変換する

  タブ文字をスペースに変換します。

  スペースの数について

    スペースの数は、現在のタブ幅の設定で調整されます。
    タブ幅の設定は、「エディターの設定」で設定できます。

    事前にタブ幅の設定を確認しておくと良いでしょう。

  1.ドキュメントのサンプル

    ここでは例として、以下のドキュメントを使用しました。
    空白文字を表示する設定にしています。


  2.文章の選択

    タブ文字をスペースに変換する文章の範囲を選択します。
    文章を選択しなかった場合、文章全体が対象になります。


  3.タブ文字をスペースに変換

    「編集」メニューを開き「Format」を選択し、表示されるサブメニューから「Fix line endings」をクリックします。


  4.タブ文字をスペースに変換完了

    以下のように、タブ文字がスペースに変換されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション