kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

行頭に引用符を挿入する

  行頭に引用符(>)を挿入します。
  メールの返信時に相手の文章を引用する時に使用する引用符と同じです。

  1.ドキュメントのサンプル

    ここでは例として、以下のドキュメントを使用しました。


  2.行の選択

    行頭に引用符を挿入する行を選択します。
    行を選択しなかった場合、文章全体が対象になります。


  3.引用符の挿入

    「編集」メニューを開き「Format」を選択し、表示されるサブメニューから「Quote lines」をクリックします。
    「Alt + Q」キーを押しても良いです。


  4.引用符の挿入完了

    以下のように、行頭に引用符(>)が挿入されます。


, で区切られた文章を並び替える

  「, 」で区切られた文章を並び替えます。

  1.ドキュメントのサンプル

    ここでは例として、以下のドキュメントを使用しました。


  2.文章の選択

    並び替えを行う文章を選択します。
    文章を選択しなかった場合、文章全体が対象になります。


    複数行の文章を選択した場合、1行の文章に構成してから並び替えを行います。

  3.並び替え

    「編集」メニューを開き「Format」を選択し、表示されるサブメニューから「Sort imports」をクリックします。


  4.並び替え完了

    以下のように、並び替えが行われます。


  捕捉

    メニューの項目に「Sort imports」と表示されている通り、本来は「Python」の「import」文の並び替えを行う機能です。

    ですが、文章が「, 」で区切られていれば、通常の文章にも利用できます。
    例えば以下のように「, 」で区切られている文章に対して並び替えを行ってみます。


    並び替えを行うと、以下のように文章の並び替えが行われます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション