kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

パーサーの設定

  設定画面を表示し「Parser」のタブをクリックすると、ソースコードを解析するパーサーの設定を行うことができます。


  デフォルトのパーサーについて

    デフォルトのパーサーとは、パーサーの設定が行われていない言語で使用されるパーサーのことです。

    デフォルトのパーサーの設定は、「<Default Parser>」で行います。
    デフォルトでは、デフォルトのパーサーは「ctags Parser」になっています。

    「ctags Parser」は多くの言語に対応しているため、通常デフォルトのパーサーを変更する必要はありません。

  言語について

    言語は「<Default Parser>」を除いて、ハイライトモードのモードを指します。
    ハイライトモードのモードについては、「ハイライトモード」を参考にしてください。

  設定をデフォルトに戻すには

    すべての言語のパーサーの設定をデフォルトに戻すには、画面右下の箒アイコンのボタンをクリックします。


パーサーを変更する

  パーサーを変更します。

  1.言語の選択

    パーサーを変更したい言語を選択します。


    捕捉

      「Parser」の列が空欄になっている言語は、デフォルトのパーサーを使用します。

  2.パーサーの選択

    「Parser」の列をクリックすると、以下のようにパーサーの一覧が表示されます。
    この中から言語で使用したいパーサーをクリックします。


    各項目については後述します。

  3.パーサーの設定完了

    以下のように言語に使用するパーサーが設定されます。


<Defualt Parser>

  デフォルトのパーサーを使用します。
  デフォルトのパーサーは、言語の「<Default Parser>」に設定されているパーサーのことです。


ctags Parser

  「ctags」パーサーを使用します。
    デフォルトでは、「ctags-exuberant」を使用します。

  「ctags-exuberant」は以下の言語に対応しています。

  • Ant
  • Asm
  • Asp
  • Awk
  • Basic
  • BETA
  • C
  • C++
  • C#
  • Cobol
  • DosBatch
  • Eiffel
  • Erlang
  • Flex
  • Fortran
  • Go
  • HTML
  • Java
  • JavaScript
  • Lisp
  • Lua
  • Make
  • MatLab
  • ObjectiveC
  • OCaml
  • Pascal
  • Perl
  • PHP
  • Python
  • REXX
  • Ruby
  • Scheme
  • Sh
  • SLang
  • SML
  • SQL
  • Tcl
  • Tex
  • Vera
  • Verilog
  • VHDL
  • Vim
  • YACC

  注意

    サポートしている言語をすべて利用できるとは限りません。

Changelog Parser

  changelog向けのパーサーです。
  changelogは、ソフトウェアの変更履歴を記述したテキストファイルのことです。


Diff Parser

  「diff」コマンドにより出力された差分情報を解析するパーサーです。


HTML Parser

  HTMLドキュメントを解析するパーサーです。


Markdown Parser

  Markdownドキュメントを解析するパーサーです。


Python Parser (ast)

  ASTモジュールを使用して、Pythonのソースコードを解析するパーサーです。


Python Parser (tokenize)

  tokenizeモジュールを使用して、Pythonのソースコードを解析するパーサーです。

Ruby Parser

  Rubyのソースコードを解析するパーサーです。


XML Parser

  XMLドキュメントを解析するパーサーです。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション