kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

lLyricsプラグイン

  lLyricsプラグインは、歌詞を検索し、サイドペインに歌詞を表示するプラグインです。


  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:fossfreedom/rhythmbox-plugins

  2.インストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「rhythmbox-plugin-llyrics」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  3.プラグインの有効化

    「Rhythmbox」を再起動して「プラグインの設定」画面を開くと「lLyrics」プラグインが追加されているので、「lLyrics」プラグインにチェックを入れます。


lLyricsプラグインの設定

  lLyricsプラグインを使用する前に、lLyricsプラグインの設定を行うと良いでしょう。

  lLyricsプラグインを選択し右下の「設定」ボタンをクリックすると、以下の3種類の設定を行うことができます。

  1. General
  2. Sources
  3. Appearnce

1.General

  「General」タブでは、lLyricsプラグインの全体的な設定を行います。


  Show sidebar on first playback

    「オン」にすると、「Rhythmbox」起動後に初めて曲を再生した時に、自動的に歌詞ペインを表示します。

  Save lyrics

    「オン」にすると、インターネットからダウンロードした歌詞を歌詞フォルダーに保存します。
    「オフ」にすると、ダウンロードした歌詞を保存しません。

  Folder for lyrics

     ダウンロードした歌詞を保存するフォルダーを選択します。
    「その他」を選択すると、任意のフォルダーを選択できます。

    デフォルトの歌詞フォルダーは、「~/.cache/rhythmbox/lyrics」です。

  Always ignore parentheses in song title

    「オン」にすると、歌詞を検索する時に使用する曲のタイトルから、常に丸括弧「()」内の文字列を削除した曲のタイトルを使用して、歌詞の検索を行います。

    「オフ」にすると、(live)や(acoustic) など一部の丸括弧内の文字列を削除して歌詞の検索を行います。

2.Sources

  「Sources」タブでは、歌詞の検索先サービスの選択を行います。


  チェックがオンになっているサービスが、歌詞を検索するサービスになります。

  また各サービスの右側の「↑」「↓」ボタンをクリックすると、歌詞の検索順を変更できます。
  上にあるサービスが、優先順位の高いサービスになります。

3.Appearnce

  「Appearnce」タブでは、外観に関する設定を行います。


  Hide sidebar label

    「オン」にすると、ラベルが非表示になります。


    「オフ」にすると、ラベルが表示されます。


  Show lyrics in left sidebar instead of right one

    歌詞を表示するペインの位置を選択します。
    この設定を反映するには、「Rhythmbox」を再起動するか、プラグインを一旦無効にして再度有効にしてください。

    「オン」にすると、左側のサイドペインに歌詞を表示します。


    「オフ」にすると、右側のサイドペインに歌詞を表示します。


歌詞を表示する

  歌詞を検索し、歌詞を表示します。

  1.歌詞ペインの表示

    「表示」メニューを開き「Lyrics」をクリックするか、「Ctrl + L」します。


  2.歌詞ペインの表示

    以下のようにサイドペインに歌詞ペインが表示されます。


  3.歌詞の検索

    曲を再生すると、自動的に歌詞の検索が行われます。


  4.歌詞の検索結果

    歌詞の検索結果が表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション