kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

MATE Desktop 1.16採用

先日お知らせした通り、「Ubuntu MATE 16.10」の正式リリースでは「MATE Desktop 1.16」が採用されます。



「Ubuntu MATE 16.10」向けに「MATE Desktop 1.16」がリリースされ、「ソフトウェアの更新」から「MATE Desktop 1.16」にアップデートすることが出来ます。

「MATE 1.16」の変更点は、以下を参考にしてください。



GTK+3でビルド

「Ubuntu MATE 16.10」向けに提供される「MATE Desktop 1.16」は「GTK+3」でビルドされています。
例えばデフォルトのファイルマネージャーである「Caja」の依存パッケージを見ると、「GTK+3」のライブラリーが依存関係に指定されていることが分かります。


Ubuntu MATE 16.04にもMATE Desktop 1.16を提供予定

今後「Ubuntu MATE 16.04」向けにも「MATE Desktop 1.16」が提供される予定です。
「Ubuntu MATE 16.04」向けに提供される「MATE Desktop 1.16」は、既存のソフトウェアとの互換性等を考慮して「GTK+2」でビルドされる予定です。

参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション