kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Build 14942の変更点

2016年10月7日にリリースされた「Build 14942」の「WSL」に関する変更点です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の追加や改善

「Build 14942」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない機能の改善も行われています。

1.inotifyの改善

DrvFs(Windowsのボリュームのこと)」上でWindowsアプリから行われたファイルシステムの変更を、「inotify」で検出できるようになりました。

補足

前回のリリースでも同じ記述がありましたが、実際には前回のリリースでこの改善は取り込まれておらず、今回のリリースでこの改善が取り込まれています。

2.ソケットオプションの実装

以下のソケットオプションが実装されました。

  • TCP_KEEPIDLE
  • TCP_KEEPINTVL
  • SO_DONTROUTE

これにより改善する問題は、以下を参照してください。


3.pivot_rootシステムコールの実装

「pivot_root」システムコールが実装されました。

不具合の修正

「Build 14942」で行われた不具合の修正です。
リリースノートに記述されていない不具合の修正も行われています。

1.バグチェック

SSHをブロックしていた「ATTEMPTED EXECUTE OF NOEXECUTE MEMORY」ネットワークラッシュを含む多くのバグチェックに取り組みました。

Linux Test Projectのテスト結果

「Linux Test Project(LTP)」は、「Linux Kernel」やカーネルに関連した機能の信頼性、頑健性、安定性のテストを行うテストスイートを開発しているプロジェクトです。

「WSL」は「Linux Kernel」相当の機能を提供するソフトウェアであり、「Linux Test Project」で「WSL」のテストを行った結果が公開されています。

  • テストに合格した項目数:665(前回:664)
  • テストに失敗した項目数:263(前回:264)

テスト結果

「LTP」のテスト結果は、以下で参照できます。


システムコール

「Build 14942」で行われたシステムコールに関する変更です。
以下のシステムコールが新たにサポートされました。

  • pivot_root

すべてのパラメーターとの組み合わせが現時点でサポートされているとは限りません。
「WSL」がサポートしているSyscallの一覧は、以下を参考にしてください。




関連記事一覧
オプション