kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Build 15019の変更点

2017年1月28日にリリースされた「Build 15019」の「WSL」に関する変更点です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の追加や改善

「Build 15019」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない機能の改善も行われています。

1.inotifyの動作改善

既存のファイルに対し「O_TRUNC」フラグ付きでopen()を実行した際、「inotify」は「IN_OPEN」の前に「IN_MODIFY」を通知するようになりました。

2./proc/sys/net/core/somaxconnの実装

Go言語のために「/proc/sys/net/core/somaxconn」が実装されました。

3.パッケージのアップデートタスクの動作改善

バックグラウンドで実行されるパッケージのアップデートタスク(apt-get)のウィンドウが非表示のまま実行されるようになりました。

4.IPv6ローカルホスト

IPv6ローカルホストのスコープが調整され、JavaのSpring-Frameworkの利用が改善されました。

不具合の修正

「Build 15019」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない不具合の修正も行われています。

1.CPUの使用率が正しく報告されない問題の修正

「htop」等CPUの使用率が正しく報告されない問題が修正されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


2.getsockopt SO_ERRORの修正

ソケットのgetsockopt SO_ERRORが修正されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


Linux Test Projectのテスト結果

「Linux Test Project(LTP)」は、「Linux Kernel」やカーネルに関連した機能の信頼性、頑健性、安定性のテストを行うテストスイートを開発しているプロジェクトです。

「WSL」は「Linux Kernel」相当の機能を提供するソフトウェアであり、「Linux Test Project」で「WSL」のテストを行った結果が公開されています。

  • テストに合格した項目数:714(前回:709)
  • テストに失敗した項目数:249(前回:255)

テスト結果

「LTP」のテスト結果は、以下で参照できます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション