kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ピュアなGNOMEをあなたに

先ほど紹介した通り「Ubuntu 17.10」では「GNOME (Shell)」が採用されますが、アップストリームの「GNOME」環境そのままではなく、「Ubuntu」ならではのカスタマイズが行われます。



しかし現在「GNOME」を好み「Ubuntu GNOME」を利用しているユーザーからすれば、「Ubuntu」ならではのカスタマイズは不要に感じるでしょう。

「Ubuntu GNOME」ユーザーの中には、「Ubuntu 17.10」で起きる変化を見聞きしつつ、自身の環境が変わってしまうのではないかと不安に感じるユーザーもいるのではないでしょうか。

GNOMEセッションの提供

そこで「Ubuntu 17.10」では、ピュアな「GNOME」環境(Vanilla GNOME環境)を提供し、アップストリームの「GNOME」環境を利用できるようにする予定です。



ピュアな「GNOME」環境といっても採用するGNOMEコンポーネントや一部の挙動は、「Ubuntu」の方針に影響を受けるため、常にアップストリームそのままの環境とまでは行きません。
(Ubuntuの開発チームは、Ubuntuで取り入れる改善をアップストリームに還元していく方針です。)

しかし従来の「Ubuntu GNOME」の方針に似た環境になるため、「Ubuntu GNOME」ユーザーは「Ubuntu」のカスタマイズに大きな影響を受けることなく、慣れ親しんだ環境を引き続き利用することができます。


「GNOMEセッション」では、アップストリームのフォント、アイコンテーマ、Adwaitaテーマ、シェルテーマを採用します。

またウィンドウのタイトルバーボタンは、閉じるボタンのみが配置されます。
さらに、如何なるGNOME Shell拡張もデフォルトではインストールされません。

GNOMEセッションをインストールするには

「GNOMEセッション」をインストールするには、「gnome-session」パッケージをインストールします。

「端末」からインストールするには、以下のコマンドを実行すれば良いです。

sudo apt install gnome-session

その後ログイン画面からインストールしたセッションを選択すれば、「GNOMEセッション」を利用できます。


現時点でまだこのセッションは提供されていませんが、「Ubuntu GNOME」のように、「GNOME」や「GNOME on Wayland」といったセッション名になるものと思われます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション