kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Ubuntu Japanese TeamのPPAを利用する

  「Ubuntu Japanese Team」のPPAを利用することで、日本語環境をより充実させることができます。



  「Ubuntu 14.04 LTS 日本語 Remix」からインストールしたUbuntuでは、デフォルトで 「Ubuntu Japanese Team」のPPAが導入されているため、この作業は必要ありません。

  Ubuntu Japanese TeamのPPAの利用方法

    「Ubuntu Japanese Team」のPPAの利用方法は、「Ubuntuの日本語環境」に記述されています。

Ubuntu Japanese TeamのPPAの利用方法

  Ubuntu Japanese TeamのPPAの利用(インストール)方法です。

  利用方法には以下の2種類があります。

  1. アップデートされた日本語環境向けのパッケージを利用する
  2. 上記に加え、「Ubuntu 14.04 LTS 日本語 Remix」からインストールしたUbuntuと同じ環境にする 

  「2.」がお勧めです。

アップデートされた日本語環境向けのパッケージを利用する

  アップデートされた日本語環境向けのパッケージを利用する方法です。
  事前にUbuntuの日本語環境を構築しておきます。

  この利用方法では、「Mozc」等のパッケージがアップデートされます。
  「Mozc」ではこのアップデートにより、初期の「入力モード」が「直接入力」になるので、お勧めです。

  コマンドをコピペするには、コマンドをコピーした後、「端末」上で「Ctrl + Shift + V」キーを押してください。

  1.サーバーの鍵追加

    以下のコマンドを実行します。

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -


  2.サーバーの鍵追加

    以下のコマンドを実行します。

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -


  3.リポジトリーの追加

    以下のコマンドを実行し、リポジトリーを追加します。

sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/trusty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list


  4.パッケージのアップデート

    「ソフトウェアの更新」を起動し、パッケージをアップデートを行います。
 

  5.アップデート内容

    以下のようにアップデート内容が表示されます。


    「今すぐインストールする」ボタンをクリックします。

  6.アップデート開始

    以下のようにアップデートが開始されます。


  7.アップデート完了

    アップデートが完了すれば、以下の画面が表示されます。


  8.アップデートの反映

    アップデートを反映するため、再ログインするかPCを再起動します。

    以上で完了です。

Ubuntu 14.04 LTS 日本語 RemixからインストールしたUbuntuと同じ環境にする 

  ここでは、本家のサイトからダウンロードしたディスクイメージでインストールしたUbuntuの日本語環境を構築した後、「Ubuntu 14.04 LTS 日本語 Remix」からインストールしたUbuntuと同じ環境にします。

  日本語入力環境(インプットメソッドフレームワーク)が「IBus」から「Fcitx」に変わります。
  これに伴い、インジケーターや設定等が大きく変わります。

  1.パッケージのアップデート

    上記の「アップデートされた日本語環境パッケージを利用する」の手順をすべて行っておきます。

  2.ubuntu-defaults-jaのインストール

    「Ubuntu ソフトウェアセンター」を起動し、「ubuntu-defaults-ja」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。
    インストールが完了したら、「4.」に飛びます。

  3-1.ubuntu-defaults-jaが見つからない場合

    「ubuntu-defaults-ja」が見つからない場合、以下のコマンドを実行し「Ubuntu ソフトウェアセンター」のキャッシュを更新します。
    事前に「Ubuntu ソフトウェアセンター」を終了しておきます。

sudo update-apt-xapian-index -f


    コマンドの実行が完了したら、「Ubuntu ソフトウェアセンター」を起動します。
    (「2.」に戻ります。)

  3-2.コマンドでインストール

    以下のコマンドを実行し、「ubuntu-defaults-ja」をインストールすることもできます。

sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja

    コマンドの実行が完了したら次の手順に移ります。

  4.インストールしたパッケージの反映

    インストールしたパッケージを反映するため、再ログインするかPCを再起動します。

  5.IBusのインジケーターを非表示にする

    ログイン後インプットメソッドフレームワークが「Fcitx」に変わります。
    しかしIBusのインジケーターが表示されたままになるので、IBusのインジケーターを非表示にします。

    IBusのインジケーターとは、以下のインジケータのことです。


  6.日本語入力のテスト

    「Fcitx」で日本語入力できるかテストしてみます。
    「Fcitx」のインジケーターは以下のようになっています。


    「テキストエディター」を起動し、「半角/全角」きーを押した後、適当に文字を入力してみます。
     以下のように変換候補が表示されればOKです。


全部コマンドで実行したい人は

  全部コマンドで実行したい人は、以下のコマンドを1行ずつ実行します。

wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/trusty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション