kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

BIOSのPCにUbuntu 14.04 インストールする(ライブメディアから起動 〜 インストールの種類の選択)

  BIOSで起動するPCにUbuntu 14.04 インストールします。


  UEFIに対応したPCでも、UEFIの設定で「Legacy」等BIOS互換の設定を行っているPCはこちらに含まれます。

  ライブメディアからUbuntuを起動すれば、BIOSで起動しているのか、UEFIで起動しているのかすぐ分かります。

1.ライブメディアから起動

  ライブメディアからUbuntuを起動し、デスクトップ画面を表示します。

2.インストーラーの起動

    デスクトップ画面が表示されたら、左上の「Ubuntu 14.04 LTS のインストール」アイコンをダブルクリックします。


3.言語の選択

  左側の言語一覧で、「日本語」が選択されていることを確認します。
  もし「日本語」以外の言語が選択されていたら、「日本語」を選択します。


  「リリースノート」のリンクをクリックすると、Ubuntu 14.04のリリースノートが表示されます。
  「続ける」ボタンをクリックします。

4.Ubuntuのインストール準備

    以下の画面が表示されます。
    ここではインストールのチェックと、インストールオプションの選択を行います。


  最低6.4GBのディスクの空き容量があること

    HDDの空き容量の確認が行われ、問題がなければチェックマークが表示されます。

  インターネットに接続されていること

    インターネットに接続されているかチェックが行われ、インターネットに接続されていればチェックマークが表示されます。

    もしインターネットに接続されていない場合、バツマークが表示されます。
    インターネットに接続されていなくても、Ubuntuのインストールは可能です。
    その場合、後でアップデートと日本語の言語パックをインストールするなどの作業が必要になります。

  インストール中にアップデートをダウンロードする

    チェックをオンにすると、ソフトウェアのアップデートをインストール中に行います。
    チェックをオンにしておくことをお勧めします。

    ただし、インターネットに接続されていない場合は、チェックをオンにすることはできません。

  サードパーティーのソフトウェアをインストールする

    Adobe Flashなどのサードパーティーのソフトウェアをインストールします。
    チェックをオンにしておくことをお勧めします。

    ただし、インターネットに接続されていない場合は、チェックをオンにすることはできません。
    後からインストールすることも可能です。


  設定を行ったら、「続ける」ボタンをクリックします。

5.インストールの種類の選択

  以下の画面が表示されます。

  5-1.インストール方法の選択

    ここではどのようにインストールを行うのか、選択します。
    インストーラーに任せて、自動的にパーティションの作成や設定を行うこともできますし、自分でパーティションの作成や設定を行うこともできます。


    表示される選択肢は、環境により異なります。
    例えばすでにUbuntuやWindowsがインストールされている場合、共存してインストールする選択肢が追加されます。

  5-2.自分でパーティションの作成や設定を行う

    ここでは例として、自分でパーティションの作成や設定を行い、インストール先を指定します。
    「それ以外」を選択して「続ける」ボタンをクリックします。


    「BIOSのPCにUbuntu 14.04 インストールする(パーティションの作成 〜 ブートローダーの設定)」に続きます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション