kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ブランチを管理するコマンド

  「git branch」コマンドは、ブランチを管理するコマンドです。
  ブランチの作成や削除、ブランチの一覧表示など、ブランチの操作を行います。


  「git branch」コマンドの機能を大別すると、以下のようになります。


ブランチの一覧表示

  リポジトリーにあるブランチを一覧表示します。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git branch --list <オプション>

  ブランチの一覧表示(--list)

    リポジトリーにあるブランチの一覧表示を指定するオプションです。

    指定された他のオプションから、ブランチの一覧表示の指定が特定できる場合、このオプションを省略することができます。

    「git branch」コマンドでは、ブランチの管理全般を行うため、コマンドに指定されたオプションから操作内容を決定します。
    オプションの組み合わせによっては、「git branch」コマンドによる操作内容が、ユーザーの期待する操作と異なる状況があります。

    このオプションを指定すれば、常にブランチの一覧表示を行います。
 
    また、すべてのオプションを省略した場合、このオプションが指定された時と同じ動作を行います。

表示するブランチに関するオプション

  表示するブランチに関するオプションです。
  いずれのオプションも省略可能です。

  ローカルブランチを表示する

    表示するブランチに関するオプションを指定しなかった場合、リポジトリーにある「ローカルブランチ」のみを表示します。
    「リモートトラッキングブランチ」は表示されません。

    現在のブランチ(HEADが指すブランチ)は、ブランチ名の先頭に「*」マークが表示されます。

    「ローカルブランチの一覧を表示する」を参考にしてください。

  リモートトラッキングブランチを表示する(-r, --remotes)

    このオプションを指定すると、リポジトリーにある「リモートトラッキングブランチ」のみを表示します。
    「ローカルブランチ」は表示されません。

    「リモートトラッキングブランチの一覧を表示する」を参考にしてください。

  すべてのブランチを表示する(-a, --all)  

     リポジトリーにある「ローカルブランチ」と「リモートトラッキングブランチ」を表示します。

    「リポジトリーにあるすべてのブランチの一覧を表示する」を参考にしてください。

表示する情報に関するオプション

  表示する情報に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略可能です。

  詳細情報1(-v, --verbose)

    「ブランチヘッド」が指す「コミットオブジェクト」の識別子や、その「コミットオブジェクト」のコミットメッセージを表示します。

    「ブランチヘッドが指しているコミットオブジェクトの識別子を表示する」を参考にしてください。

  詳細情報2(-vv, --verbose --verbose)

    詳細情報1に加え、「ローカルブランチ」に「リモートトラッキングブランチ」の情報を表示します。

    「ローカルブランチが対応するリモートトラッキングブランチ」を参考にしてください。

  コミットオブジェクトの識別子の文字数(--abbrev=)

    詳細情報で表示する「コミットオブジェクト」の識別子の文字数を指定します。
    詳細情報のオプションと組み合わせて使用するオプションです。

    このオプションを省略した場合、7文字で「コミットオブジェクト」の識別子を表示します。

    「abbrev」は「abbreviation(省略)」の略です。

    「表示するコミットオブジェクトの識別子の文字数を指定する」を参考にしてください。
   

  コミットオブジェクトの識別子をすべて表示(--no-abbrev)

    詳細情報で表示する「コミットオブジェクト」の識別子をすべて表示します。
    詳細情報のオプションと組み合わせて使用するオプションです。

    「コミットオブジェクトの識別子をすべて表示する」を参考にしてください。

コミットオブジェクトに関するオプション

  「コミットオブジェクト」に関するオプションです。
  ブランチの一覧表示では、特定の「コミットオブジェクト」に関係するブランチのみを表示することができます。

  「コミットオブジェクト」によるブランチのフィルタリング表示、といったところでしょうか。
  いずれのオプションも省略可能です。

  特定のコミットオブジェクトを含むブランチの表示(--contains)

    特定の「コミットオブジェクト」を含むブランチのみを表示します。
    「特定のコミットオブジェクトを含むブランチを表示する」を参考にしてください。

  マージされたブランチの表示(--merged)

    特定の「コミットオブジェクト」から到達できる(マージされた)ブランチを表示します。
    「マージされたブランチを表示する」を参考にしてください。

  マージされていないブランチの表示(--no-merged)

    特定の「コミットオブジェクト」から到達でない(マージされていない)ブランチを表示します。
    「マージされていないブランチを表示する」を参考にしてください。

パターンによるフィルタリングに関するオプション

  パターンによるフィルタリングに関するオプションです。

  パターン

    表示するブランチを、ブランチ名でフィルタリングします。
    必ず「--list」オプションを指定してください。

    「パターンを指定して、表示するブランチをフィルタリングする」を参考にしてください。

カラム表示に関するオプション

  カラム表示に関するオプションです。

  カラム表示を制御するオプション(--column=)

    カラム表示を制御するオプションです。
    「ブランチ一覧のカラム表示を制御する」を参考にしてください。

  カラム表示を行わない(--no-column)

    カラム表示を行わないオプションです。
    「ブランチ一覧のカラム表示を制御する」を参考にしてください。

表示カラーに関するオプション

  表示カラーに関するオプションです。

  ブランチの種類やステータスに応じて、文字色が変わります。
  この文字色を制御するオプションです。

  文字色を制御する(--color=)

    文字色を変更するかどうか指定するオプションです。
    「ブランチ一覧の文字色を制御する」を参考にしてください。

  文字色を変更しない(--no-color)

    文字色を変更しないオプションです。
    「ブランチ一覧の文字色を制御する」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション