kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

サブモジュールを管理するコマンド

  「git submodule」コマンドは、「スーパープロジェクト」から「サブモジュール」を管理するコマンドです。


  「git submodule」コマンドの機能を大別すると、以下のようになります。


サブモジュールを追加するコマンドの説明

  「git submodule」コマンドは、「リポジトリー」に「サブモジュール」を追加することができます。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git submodule <情報出力オプション> add <オプション> <リポジトリー> <ワーキングディレクトリーのパス>

  このコマンドの基本的な使い方は、以下を参考にしてください。


情報出力オプション

  情報の出力に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  エラーメッセージのみ出力する(-q, --quiet)

    このオプションを指定すると、エラーメッセージのみ出力します。

ブランチに関するオプション

  ブランチに関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  ブランチを指定してチェックアウトする(-b, --branch)

    ブランチを指定してチェックアウトします。
    デフォルトでは、「サブモジュール」の「HEAD」が指すブランチをチェックアウトします。

    このオプションを指定すると、チェックアウトするブランチを指定できます。
    また、デフォルトの「リモートトラッキングブランチ」として記録されます。

    このオプションの使用例は、「チェックアウトするブランチを指定して、サブモジュールを追加する」を参考にしてください。

サブモジュールに関するオプション

  「サブモジュール」に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  gitignoreの設定を無視する(-f, --force)

    追加する「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」の配置場所が「gitignore」の対象になっていても、「サブモジュール」の追加を可能にします。

    このオプションの使用例は、「gitignoreの設定を無視して、サブモジュールを追加する」を参考にしてください。

  サブモジュール名を指定する(--name)

    サブモジュール名を指定します。
    デフォルトでは、リポジトリーのURIを元に自動的にサブモジュール名が決定されます。

    このオプションを指定すると、自分でサブモジュール名を決めることができます。
    このオプションの使用例は、「サブモジュール名を指定して、サブモジュールを追加する」を参考にしてください。

クローンに関するオプション

  「サブモジュール」をクローンする時に関係するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  参照リポジトリーを指定する(--reference)

    「参照リポジトリー」を指定します。

    このオプションの使用例は、「参照リポジトリーを指定して、サブモジュールを追加する」を参考にしてください。

  シャロークローンの指定(--depth)

    このオプションを指定すると、「シャロークローン」を行います。
    また、取得するブランチの「スナップショット」の世代を、数値で指定します。

    このオプションの使用例は、「シャロークローンを指定して、サブモジュールを追加する」を参考にしてください。

リポジトリー

  「サブモジュール」として追加するリポジトリーを指定します。
  このオプションは省略できません。

   リポジトリーの指定方法は、以下を参考にしてください。


  リポジトリーの明示について

    オプションの記述方法によっては、「サブモジュール」として追加するリポジトリーの指定が、別のオプションの指定として解釈されることがあります。

    このような状況では、リポジトリーの前に「 -- 」を記述します。
    例えば、以下のような記述になります。

git submodule add -- git://192.168.56.1/mySubProject

ワーキングディレクトリーのパス

  「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」のパスを指定します。
  このオプションは省略できます。

  デフォルトのワーキングディレクトリーのパス

    デフォルトでは、「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」のパスは、コマンドを実行した時のカレントディレクトリーが基準のパスになります。

    その基準パスの中に、「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」となるフォルダーを生成します。

    フォルダー名は「サブモジュール」として追加するリポジトリーのURIから自動的に設定されます。

  ユーザーが指定することもできる

    「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」のパスを、ユーザーが指定することもできます。

     このオプションの使用例は、「ワーキングディレクトリーのパスを指定して、サブモジュールを追加する」を参考にしてください。

  サブモジュール名も変わる

    「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」を指定すると、サブモジュール名も「ワーキングディレクトリー」のパスを元に変更されます。

    サブモジュール名を別途指定したい場合は、上記の「--name」オプションも指定してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション