kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Linux Kernelのライブパッチリリース

2021年2月1日、「Linux Kernel」の脆弱性に対応したライブパッチがリリースされました。


ライブパッチサービス

「Canonical」が提供しているライブパッチサービスについては、以下を参考にしてください。


Ubuntu 20.04 LTSでライブパッチサービスを利用するには

「Ubuntu 20.04 LTS」でライブパッチサービスを利用方法は、以下を参照してください。


リリース情報と対応しているCVE

今回リリースされたライブパッチの詳細は、以下を参照してください。


対象OS

今回のリリースは、以下のOSが対象です。

  • Ubuntu 20.04 LTS
  • Ubuntu 18.04 LTS
  • Ubuntu 16.04 LTS
  • Ubuntu 14.04 ESM

CVE

本ライブパッチは、以下のCVEに対応しています。

  • CVE-2020-0427
  • CVE-2020-12352
  • CVE-2020-25645
  • CVE-2020-28374

注意

特定のバージョンより古い「Linux Kernel」は、ライブパッチの対象外となります。
もし古いバージョンの「Linux Kernel」を利用している場合、即座に「Linux Kernel」自身のアップデートと再起動を行ってください。
またライブパッチの対象となる「Linux Kernel」の詳細なバージョンは、上記リンク先を参照してください。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション